交通アクセスお問い合わせ資料請求サイトマップ
 
よくある質問
よくある質問

灸とは?

写真

 

 お灸は、一般的にモグサ(艾)を皮膚の上(経絡上のツボ)に置いて燃やし、その温熱刺激によって体調を整える治療技術です。

 お灸の起源は古く、中国伝統医学の言い伝えでは、今から二千年以上前に古代中国の北部地方で発祥したとされていますが、それより以前の古代インドやチベットが起源とする説もあります。日本には6世紀頃に仏教の伝来とともに伝わったようです。一説には弘法大師・空海が中国(唐)から持ち帰ったとも言われ、以来民間療法として広く浸透し、江戸時代には弘法の灸と言われるくらい各地でお灸がブームになりました。皆さんもご存知の江戸時代の俳人・松尾芭蕉の「奥の細道」の序文にも、「月日は百代の過客にして・・・三里に“灸”すゆるより、松島の・・・」と詠まれており、当時の様子をうかがい知ることができます。ちなみに三里とは、膝の下にある「足三里」というツボを指し、足の疲れやむくみ、胃腸を整える万能のツボで、当時は「足三里」にお灸をして旅をすることが一般的だったようです。

 ところで、お灸に使う“モグサ”とは一体どんなものなのでしょうか?一般的にお灸で使うモグサ(艾〔もぐさ〕)は、乾燥させたヨモギの葉(の絨毛〔じゅうもう〕)を精製したものです。原料となるヨモギは日本全国に自生するキク科の多年草で、さまざまな薬効成分(健胃、利尿、解熱、止血等)が含まれており、草餅にして食べたり、煎じて飲んだり、お風呂に入れたりと日本人にもなじみ深い植物です。また、モグサを燃やした時の独特な香りは、ヨモギに含まれるシネオールという成分が燃焼した時の香りで、この成分はローズマリーやローリエなどの葉にも含まれており、さわやかですっきりとした芳香を持つためリラックス効果も期待できます。

写真

 一方で、「お灸は熱い」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。実際、子供の頃「悪いことをするとお灸をすえる」と言われた人もいるかもしれません。その昔、お灸と言えば、強い熱刺激で故意に火傷をつくり、化膿させて膿を出すという方法(打膿灸〔だのうきゅう〕)が用いられてきました。この灸法は有痕灸〔ゆうこんきゅう〕と言って、皮膚に灸(火傷)の痕をつくることから現在ではあまり使われていませんが、意図的に火傷をつくることで身体を巡る血液中のさまざまな物質が活性化し、免疫機能に作用することが知られています。有痕灸には他にも、イボやウオノメなどに直接お灸をすえて、角質化した組織を焼け焦がす焼灼灸などがありますが、現在では火傷の跡を残さない心地よい温熱刺激のお灸(無痕灸〔むこんきゅう〕)が主流となっています。ですから、一昔前のように「お灸=熱い、やけど」ということはありません。むしろ、心地よい温かさで、心身ともにリラックスできる治療法がお灸なのです。

 お灸の効果のメカニズムは複雑で、まだ解明されていないこともありますが、お灸により免疫機能、代謝機能などを高め、病気になりにくい身体を作ることが知られています。また、投薬治療に比べ副作用も少なく、冷え症や月経痛、不妊症などの婦人科系の疾患にも効果的ですし、高齢社会を迎えた現代では、元気に健康で長生きするための予防医学としても期待が高まっています。最近では、自宅で手軽にできる「せんねん灸」というものも見かけるようになり、今またお灸のブームが到来しているようです。

 古来から親しまれ愛好されてきたお灸。身体の芯から温めじっくり治す、そして人々の健康の維持・増進に貢献するのにぴったりな治療法と言えます。