入学について

各種制度

基礎科目履修免除制度・専門基礎科目出席免除制度

■基礎科目履修免除制度(対象学科:鍼灸マッサージ科・鍼灸科・柔道整復科)

4年制大学・短期大学もしくは医療関係職種養成校を卒業(卒業見込)の方は、本校が設定している単位を本校入学以前の学校で取得したとして、履修免除を受けることができ、出席も免除されます(審査があります)

≪基礎科目履修免除制度に該当する条件≫
高等学校を卒業もしくは高等学校卒業程度認定試験(旧 大学入学資格検定)に合格し、次の(1)、(2)、(3)のいずれかの学校で基礎科目単位を既に取得または取得見込みの方
(1)4年制大学および短期大学(外国の大学およびその日本校は除く)
(2)高等専門学校(中卒5年制課程)

(3)厚生労働大臣または文部科学大臣の指定を受けた次の医療関係職種養成校
あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、看護師、歯科衛生士、診療放射線技師、臨床検査技師、衛生検査技師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、臨床工学技師、義肢装具士、救急救命士、言語聴覚士


■専門基礎科目出席免除制度(鍼灸科 夜間特修コースは除く)

大学(医学部・歯学部のみ)もしくは厚生労働大臣または文部科学大臣の指定を受けた医療関係職種養成校を卒業(卒業見込)し、本校が設定している専門基礎科目の単位を既に取得されている方で、本校入学後に行われる専門基礎科目出席免除試験に合格された方は、該当する科目の出席が免除されます(審査があります)

≪専門基礎科目出席免除制度に該当する条件≫
高等学校を卒業もしくは高等学校卒業程度認定試験(旧 大学入学資格検定)に合格し、次の(1)、(2)のいずれかの学校で専門基礎科目単位を既に取得または取得見込みの方
(1)医学部もしくは歯学部

(2)厚生労働大臣または文部科学大臣の指定を受けた次の医療関係職種養成校
あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、看護師、歯科衛生士、診療放射線技師、臨床検査技師、衛生検査技師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、臨床工学技師、義肢装具士、救急救命士、言語聴覚士


柔道整復科 (I部/夜間特修コース) 『授業時間短縮制度』

柔道整復科に入学される方で、「基礎科目履修免除制度」と「専門基礎科目出席免除制度」に該当される方は、「授業時間短縮制度」をご利用いただくことが可能となり、1年・2年次の一部の授業の出席が免除されます。

◎基礎科目履修免除制度:月曜日が出席免除(1年次の月曜と2年次の1学期の月曜が対象)
◎専門基礎科目出席免除制度:金曜日が出席免除(1年次・2年次の金曜と2年次の2~3学期の月曜)
※3年次については、通常通り週5日の授業となります(年に数回、授業時間外の時間・曜日に試験等があります)
※専門基礎科目出席免除制度は、入学後に行われる「専門基礎科目出席免除試験」に合格された方のみが対象となります
※詳細は、募集要項をご覧いただくか、お電話にてお問合せください。
※関連制度:柔道整復科 夜間特修コース 「有資格者特待生制度」


特待生制度

 鍼灸マッサージ科・鍼灸科・柔道整復科において、前年度の学業成績および学術研究等の評価を鑑み、特に優秀で他の在校生の模範となる学生を特待生として、進級年度の授業料の一部を免除する制度です。


入学金・授業料等特典

■同時に2つの学科に入学される方への入学金特典

同時に2つの学科に入学した場合は、1つの学科の入学金、授業料の一部および校友会費を免除します。
◎鍼灸マッサージ科と柔道整復科に同時入学された場合:柔道整復科の入学金、1年次後期と3年次後期授業料、校友会費を免除
◎鍼灸科と柔道整復科に同時入学された場合:柔道整復科の入学金、1年次後期と3年次後期授業料、校友会費を免除

■学内進学奨学制度

在学中に本校および本学園の他の学科入学した場合は、入学金・授業料等の減免特典があります。


合格者優遇制度(制度利用の場合は、入学手続時に申請が必要です)

■AO入試合格者優遇制度(対象学科:鍼灸科・柔道整復科)

AO入試で合格し、早期に進路を決定した全ての方を対象に入学手続時に必要な納入金を、入学金のみとし、前期授業料の納入は別に定めた期限内に納入できる制度です(詳しくは募集要項をご覧ください)。

■社会人入試合格者優遇制度(対象学科:鍼灸マッサージ科・鍼灸科・柔道整復科)

社会人の再チャレンジを応援するため、社会人入試で合格された方を対象に入学手続時に必要な納入金を、入学金のみとし、前期授業料の納入は別に定めた期限内に納入できる制度です(詳しくは募集要項をご覧ください)。


セカンドステージ入学制度(鍼灸科 Ⅰ部のみ)

50歳からのはり師・きゅう師資格取得を応援する制度です。
セカンドステージ入学者は、在学中の年間授業料を4回に分けて納入することができます。
※但し、3年次の後期授業料納入は、卒業認定の為、分割納入はできません

入学手続時には、入学金と前期授業料の2分の1を納入し、残りの前期授業料は、3月中旬までに納入することができます。
※AO入試・社会人入試合格者優遇制度を併用することができます

≪セカンドステージ入学制度 入学手続時納入金額≫

入学金 授業料前期(1/2) 入学手続時 3月中旬に納入する金額
300,000円 300,000円 600,000円 300,000円<前期(1/2)>

≪セカンドステージ入学制度 以降の学費納入金額≫

1年次
後期(1/2)9月末 後期(1/2)12月末 次年度前期(1/2)3月末
300,000円 300,000円 300,000円

2年次
前期(1/2)6月末 後期(1/2)9月末 後期(1/2)12月末 次年度前期(1/2)3月末
300,000円 300,000円 300,000円 300,000円

3年次
前期(1/2)6月末 後期 9月末(卒業認定の為)
300,000円 600,000円


各種奨学制度

■校友会推薦制度

東京医療専門学校の卒業生(校友会会員)より推薦され、鍼灸科・柔道整復科のいずれかに入学した方を対象として、学業・学術研究を奨励し、優秀かつ社会・校友会に貢献する人物を輩出することを目的として、入学金の一部(10万円)を入学後に付与(返還不要)する制度です。
※校友会推薦制度に該当される方は、出願時に校友会推薦人の署名が必要です。
※本制度は、他の推薦制度との併用はできません。

■院長推薦制度

東京医療専門学校に対して過去に求人をだされた医療機関・治療院の代表者(院長)より推薦され、鍼灸科・柔道整復科のいずれかに入学した方を対象として学業・技術研鑽を奨励し、将来、有望な継承者となる人物を輩出することを目的として、入学金の一部(5万円)を入学後に付与(返還不要)する制度です。
※院長推薦制度に該当される方は、出願時に院長推薦人の署名が必要です。
※本制度は、他の推薦制度との併用はできません。

■鍼灸科 夜間特修コース 『授業料一部免除制度』

詳細については、募集要項もしくは当サイトの「鍼灸科 夜間特修コース 『授業料一部免除制度』」をご覧ください。

■柔道整復科 夜間特修コース 『有資格者特待生制度』

詳細については、募集要項もしくは当サイトの「柔道整復科 夜間特修コース 『有資格者特待生制度』」をご覧ください。


ページの一番上へ