サポートシステム

サポートシステム

東京医療専門学校では、『臨床力』・『就職力』・『自己実現力』を養成するためのサポートシステムを通じてキャリア支援を行っております。


臨床力を高めるサポート

実際の治療現場で活用できる実技や知識を、本校在学中に学ぶことができる講習会やセミナーを行っております。また、呉竹学園3校合同での呉竹医学会(学術大会)を年1回開催しており、口演・ポスター発表・実技セッションから多くを学ぶことができます。

卒業後は、毎年開催される『卒後臨床研修講座』に参加して医療現場で活躍する外部講師から臨床に繋がる技術と知識を吸収したり、本校附属の施術所にて臨床研修を積んだりすることができます。

就職力を高めるサポート

鍼師・灸師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師の進路は、様々な選択肢があります。独立開業はもちろん、医療機関・介護福祉施設・民間企業への就職やスポーツ施設でのトレーナー活動など、適性や希望に合わせた進路を選ぶことができます。

本校は1926年の創立以来15,000人を超える卒業生ネットワークを構築しており、質・量ともに豊富な求人情報をWEB求人検索システムから提供しております。また、専任教員が長年培ってきた進路選択や就職活動のサポートを行っております。

自己実現力を高めるサポート

豊富な経験を有する専任教員に加え、本校卒業生や臨床現場で活躍している医療人を講師として招聘しており、授業で現場の貴重な体験談に触れることができます。また、開業した卒業生や本校に求人を掲出している治療院・接骨院・医療機関でのインターンシップも行っております。

一方、ご入学後に「もう一つの国家資格も取って、幅の広い治療技術を身につけたい」と思ったときには、学費のサポートを受けることができます(学内進学奨学制度)。これは複数の学科を設置する本校ならではのサポートと言えます。



ページの一番上へ