鍼灸・あん摩マッサージ指圧・柔道整復を学ぶなら東京医療専門学校

大学生の方へ

  • スポーツの世界で働きたい。

  • 美容のプロになりたい。

  • 介護・福祉に貢献したい。

医療・スポーツ・美容・介護、世界中から注目

東洋医学の治療法として、長い歴史を誇る「はり(鍼)」「きゅう(灸)」「あん摩マッサージ指圧」「柔道整復」。 古来より、肩こり・腰痛・神経痛・関節炎の軽減、骨折・ねんざ・打撲などのケガの治療、更には内臓の病気の治癒などにも用いられてきました。
最近では、WHO(世界保健機関)が多くの疾患に効果があると発表。 スポーツ人口の増加、超高齢化社会を迎える中で、医療・介護の分野だけでなくスポーツ・美容業界、リラクゼーション等の分野など、活躍の場は多岐に渡ります。さらには、海外でも注目を浴びており、資格保有者の活躍のフィールドは国内外問わず大きく広がっています。

活躍のフィールド

治療院

「地元の治療院の先生」として
地域を支える

地域医療の担い手として、地元の鍼灸院や接骨院などの治療院に勤務。さまざまな体の不調を抱えている方やスポーツなどでケガをした患者様の治療・リハビリテーションを行います。将来的には、独立して自分の治療院を持つという道もあります。

スポーツトレーナー

スポーツ選手を支える

トレーナーとして、プロスポーツから地域・学校スポーツまで、さまざまなスポーツ選手・愛好家を支えます。ケガの治療はもちろん、応急処置・コンディション維持・ケガの予防・トレーニング指導・体調管理などが主な仕事となります。

美容・健康

女性もたくさん活躍

肌の調子を整え、むくみを改善する効果がある鍼・灸・マッサージは、美容に活かすことができます。また、女性のライフスタイルの変化に伴う婦人科系疾患や不妊症といった分野で、女性治療家がたくさん活躍しています。

病院・クリニック

医師やコメディカル
スタッフとの連携

病院やクリニックの鍼灸外来・東洋医学部門・整形外科・リハビリテーション科などに勤務し、医師や看護師等のコメディカルスタッフと連携しながら、補完代替医療(CAM)※1や統合医療※2などの観点に基づく医療サービスを提供します。

  1. 「はり」「きゅう」「マッサージ」「柔道整復」など現代医学以外の各種療法の総称
  2. 現代医学と補完代替医療(CAM)を複合的に用いる医療
介護福祉施設

お年寄りや身体の不自由な方を
元気にするお手伝い

介護老人福祉施設などに勤務し、お年寄りの身体機能の回復や健康の維持・増進を目的とした治療を行います。他の介護医療サービスと連携しチームの一員として高齢者を支えます。また、通院が困難な方に対して訪問治療(在宅治療)を提供することも可能です。

教育・研究機関

東洋医学の発展のために

東洋医療の更なる普及や、研究・人材育成などを目的に、呉竹学園をはじめとする養成校や教育研究機関に勤務し、これからの東洋医学の医療人を育てる教員や高い臨床力を有する治療家になる道もあります。

国家資格を取得するには

呉竹学園のように、厚生労働大臣・文部科学大臣の指定を受けた養成学校で、3~4年間(呉竹学園は3年間)の課程を修了することで国家試験の受験資格が得られます。そのうえで、国家試験に合格すると「はり師」「きゅう師」「あん摩マッサージ指圧師」「柔道整復師」の免許をそれぞれ取得できます。

呉竹学園の特徴

90年以上の歴史が培った信頼。
有効求人件数は卒業生の6.5倍

呉竹学園の創立は1926年(大正15年)。以来、日本における東洋医学の第一人者として、数々の学術団体・協会の母体設立、教員養成課程の創設や資格制度確立のための土壌づくりなどを行ってきました。長年築き上げた実績により、就職先である治療院・病院などからは優秀な人材を育成する教育機関として、厚い信頼を得ています。そのため、毎年、卒業生の6倍以上の求人が寄せられています。

国家試験合格率100%※1
「職業実践専門課程」の認定校だからこそ
+αが身に付く

充実した基礎教育、外部評価機関も認める高度な実技授業・臨床実習、著名な臨床家・医師による特別講習の実施により、「学問の呉竹」と評される呉竹学園。それにより、国家試験合格率は全国トップクラスを維持するだけでなく、将来の医療現場で活かせる力が身に付きます。また、平成26年には、文部科学大臣から「職業実践専門課程※2」の認定を受けました。同認定を受けているのは、専門学校全体のわずか17%※3です。

  1. 平成29年度実績、あん摩マッサージ指圧師
  2. 専修学校の専門課程であって、職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成することを目的として専攻分野における実務に関する知識、技術及び技能について組織的な教育を行うものを、「職業実践専門課程」として文部科学大臣が認定して奨励することにより、専修学校の専門課程における職業教育の水準の維持向上を図ることを目的とするものです。
  3. 472校/約2,800校(2013年度)。

今、必要とされる技術・知識を学ぶ
各種セミナーやゼミナール

呉竹学園の実践的な教育をさらに深める各種セミナーやゼミナールを多数開催しています。最大の特徴は、鍼灸・柔整・マッサージの治療に加えて「社会ニーズ、患者ニーズを取り入れた幅広い知識・技術」を身につけられること。例えば、スポーツの現場でのケガ予防。高齢の患者様が増える中で、安心・安全に治療を受けていただく。あるいは、美容に効果のある手技を取り入れたプラスアルファのサービスを行う――学ぶのは実践的でニーズの高い技術・知識です。治療家としての第一歩を踏み出すための確実な力を身につけられるのはもちろん、社会ニーズ、患者ニーズを柔軟に取り入れた治療が可能であり、キャリアの幅が広がります。在校生は学内外で行われる各種セミナーやゼミナール、講習会等に積極的に参加しています。

プロスポーツチームのトレーナーなど
幅広く活躍する25,000人以上の卒業生

これまで、25,000人以上の卒業生を送り出してきた呉竹学園。医療の分野だけでなく、プロスポーツチームのトレーナーやエステティシャンとして、あるいは海外で活躍しています。その卒業生ネットワークを活かし、学生のキャリア形成を支援。卒業生たちの実体験をもとにしたキャリアガイダンスや実技セッション、医療を取り巻く環境や最新情報を学ぶ講習会なども行っています。また、卒業後も、臨床介護術・救急救命など「卒後臨床研修講座」を実施。多様化する医療ニーズに即した実践的な臨床技術を修得する機会と、同窓生同士の交流・人脈づくりの場を提供しています。

充実の研修・キャリアサポート

在学中から卒業後を通じて、さまざまなキャリア形成支援に取り組んでいます。

卒前教育(在学中)

より豊かな人間性と高い専門性を育む、特色あるプログラムを用意しています。

呉竹医学会学術大会

呉竹学園3校(東京医療専門学校・呉竹鍼灸柔整専門学校・呉竹医療専門学校)の在校生・卒業生・教職員でつくる大規模な学術大会です。著名な臨床家や医師による特別講演をはじめ、実技セッション・一般講演・分科会で構成され、研究発表を通じた3校間の活発な学術交流の場にもなっています。

上海中医薬大学短期留学(中国研修)

1985年から国際学術交流の場として行っている短期留学。中国伝統医学を体験するコースが設定され、中でも日本では経験できない人体解剖に参加する解剖コースは、人気の高い実習コースとなっています。

解剖コース 基礎医学の中でも、最も重要な解剖学の理解が立体的に深められます。
総合コース 鍼灸・推拿(すいな)・解剖を総合的に体験するコース。(1年生も参加可能)
モチベーションUPセミナー

学生の意識と専門知識の向上を目的に、さまざまな専門分野から講師を招いた講習会をセミナー形式で開催。日々の授業で身につけた基本的臨床能力を土台に、臨床現場で力になる知識を実技を修得することができます。

ゼミナール

学科カリキュラムとは別に、教員と学生によるゼミを行っています。指導教員の専門性や臨床経験を生かした専門講座なので、ゼミ生は選択した分野について、理論と実践をより深い領域まで学んでいくことができます。

解剖見学実習

人体の正常な構造を知るために重要な学問で、国家試験の必須科目でもある解剖学について、人体構造の三次元的な理解を深める実習を大学病院で実施しています。座学授業の知識をさらに強化して、人命の尊さや医学の崇高な志にも触れることができます。

呉竹会講演会

医師や大学教授、大学講師などを招いて行われる講演会。医療に関するさまざまな最新情報を吸収することで、幅広い視野を持つ治療家を育成します。もちろん、卒業生も参加できます。

企業説明会・キャリアガイダンス

治療院の形態が多様化する中で、業界を取り巻く環境や治療院経営の考え方など、進路を考えるうえで有意義な情報を提供しています。

特別授業・補習・学習サポート

卒業後にすぐに役立つ臨床技術を身につけるために、モチベーションUPセミナーやゼミナールを開催しています。取得資格の技術向上だけではなく、多様化する社会のニーズに対応するために幅広い内容で展開しています。

過去の実施例
  • 癌になってわかったこと
  • テーピング
  • 顔ヨガ
  • トリガーポイント
  • マッケンジー法(顎)
  • 鍼のできるまで
  • お灸作り体験
  • 美容鍼灸
  • アメリカと日本の鍼灸の違い
  • 中医学
  • 良導絡
  • 経絡治療・てい鍼術
  • 小児鍼
  • 癌患者ケア
  • 医療英語
  • 後療法
  • ストレングス&コンディショニング など

卒後教育(卒業後)

高度化・多様化する医療ニーズに応えるため、能力向上を図るサポート体制を整えています。

卒後臨床研修講座

卒業後の臨床技術の向上をサポートするだけでなく、同窓生同士の貴重な交流の場となっています。

過去の実施例
  • リンパ浮腫治療
  • コアトレーニング
  • 障害別ホワイトテープ
  • 効かせる灸治療の実際
  • 操体法の理論と臨床
  • 症状別キネシオテーピング法
  • 美顔マッサージと鍼
  • 臨床に役立つ介護術
  • 関節運動学的アプローチ
  • トリガーポイント鍼療法 など
附属施術所 卒後臨床研修制度

本校附属の施術所で、研修生として臨床現場のノウハウや施術の一連の流れを学び、ベテランの治療家のもとで患者様の治療を行うことで、臨床力の向上を図ります。

呉竹医学会学術大会

呉竹学園3校の在校生・卒業生・教職員で行う大規模な学術大会です。著名な臨床家や医師による特別講演をはじめ、実技セッション、一般口演、分科会で構成され、研究発表を通じた活発な学術交流の場となっています。

呉竹会講演会

医師や大学教授、著名な治療家などを招いて行われる、同総会主催の講演会。在学中はもちろん卒業後も参加でき、医療に関する最新情報を吸収して広い視野を養えます。

就職支援

医療の現場と学生を、確かな支援体制で結びます。

年間800件を超える就職情報の提供(呉竹学園求人検索システム)

求人情報の専用webサイト「呉竹学園求人検索システム」では呉竹学園3校(東京医療専門学校・呉竹鍼灸柔整専門学校・呉竹医療専門学校)に寄せられる求人が掲載され、その数は年間800件以上にのぼります。在学中のアルバイトはもちろん、就職活動・転職活動にも活用することができます。

合同企業説明会

卒業生ネットワークを生かして、毎年企業説明会を開催。企業や治療院の採用担当者と直接面談・相談ができる機会を設けています。

在校生・卒業生の声

本間 奨基さん

施術と運動、2つのサービスを提供できる医療従事者になりたい!

在校生

本間 奨基さん

鍼灸マッサージ科

東京医療専門学校を選んだ理由は?
伝統があって信頼ができるというお話しは聞いていましたが、実際、学校説明会に参加した際に、「ここで学びたい!」と思えた学校だったからです。
本校の学びの特徴・魅力だと思う点は?
座学も実技も先生が丁寧に指導して下さるので、わからないところも質問しやすいです。また、授業以外にも学内セミナーや講演会などで、いろいろな分野の方が講師をして下さるので、東洋医学について幅広く学べる点は魅力だと思います。
あなたの目標や夢は何ですか?
施術と運動が行える施設を作り、そこに来て下さる方が少しでも喜んで頂けるサービスを提供していく事が一番の夢です。
今後は東洋医学の知識を更に深め、施術の技術を高めていきたいです。
後輩たちに伝えたいことは?
国家試験や実技試験に合格するための勉強や練習だけでなく、将来、臨床家として現場で役に立つようなノウハウや心構えも指導して下さるので、資格を取るためだけでない事が学べるところは魅力だと思います。
永吉 浩太さん

怪我で本来の力が出せない選手のケアがしたくて鍼灸の道へ

卒業生

永吉 浩太さん

日本航空JAL ラグビー部 メディカルトレーナー

鍼灸科:2008年度卒業

現在のお仕事は?
現在は日本航空ラグビー部のメディカルトレーナーを務めています。選手の怪我の予防やケア、回復までのトレーニングを指導しています。常に意識しているのは「自分で診ることができる範囲かどうか」の判断を見誤らないこと。自分が何を出来るかよりも、選手にとってどんな治療や対応が必要なのかを正確に判断することが大切だと思っています。
仕事のやりがいは?
怪我に悩まされ試合に出られなかった選手が、自分の鍼灸治療などで試合に復帰し、チームの勝利に貢献できていると感じる瞬間が一番のやりがいです。
入学のきっかけは?
サッカー強豪高校でアスレティックトレーナーをしていた時、ヘッドトレーナーが鍼灸師だったことがきっかけです。「怪我で本来の力を出せない選手のケアができるようになりたい」と思い、鍼灸師を目指す決意をしました。呉竹学園は東洋医学の伝統校であること、勤務先のトップの出身校だったこと、先輩にも出身者が多くいたことなども学校選びのきっかけになりました。
呉竹学園で学んだことは?
授業はわかりやすく、国家試験対策もきめ細かく万全です。東洋医学や現代医学の基礎はもちろん、内臓疾患・運動器疾患への対処ができるようになりました。卒業後は呉竹学園附属 東洋医学臨床研究所でトレーナー活動に従事。選手の傷病ケア、コンディショニング、鍼治療による疲労回復や痛みの緩和などを行い、さらに選手を支えるマネージャーには熱中症対策セミナーを行うなど、トレーナーとしてのスキルが磨けました。
井坂 杏有さん

同志として、仲間として、家族のように過ごした時間は一生の宝もの

卒業生

井坂 杏有さん

美容鍼灸サロン Aria 代表

鍼灸マッサージ科:2012年度卒業

今の仕事について
美容鍼灸サロンで女性の美と健康をサポートしています。美容だけでなく、婦人科系疾患、女性特有の冷えや浮腫(むくみ)、関節リウマチなど、体の内側から温めたいという方の治療もしています。ブライダルから妊娠中、出産、産後を通して治療させていただいたこともあり、人生に欠かせない存在、来院される方の生活の一部として寄り添う治療院でありたいと思っています。
呉竹学園を選んだ理由は?
歴史ある学校なので先輩も多かったことが一番の理由です。入学してみて想像以上に西洋医学的な授業が多くありましたが、実際に働いてみて西洋医学の知識があると患者さまとの話がしやすく、確かなことを伝えられるという自信に繋がりました。またお伝えする内容や言葉も患者さまの背景によって使い分けられるようになりました。患者さまも施術者を選んでいるということを忘れないようにしています。
学校生活の思い出は?
大学までの学校生活は同い年の集団でしたが、入学して様々な世代の方と一緒に勉強できたことがこれまでにない経験でした。お互いに助け合える家族のような仲間、同志として3年間一緒の船に乗った感覚で、だれかが揺れると船が揺らぐようなイメージです。一緒に国家試験に臨んだこと、最後クラスでアルバムを作れたことはとても良い思い出です。一緒に過ごした3年間は宝物だと思っています。
美容分野を目指している方にアドバイスは?
本音では、美容だけではダメだと思っています。幅広い視野を持つことや、呉竹で学んだ基礎的な知識は絶対に大切です。美容だけを追求しても顧客のニーズには合いません。健康あっての美容です。基礎的な治療技術を大切に、美容には食事、睡眠、運動など基礎的な生活習慣が深く関わっていることを患者さまに伝えるようにしています。
桑原 雄馬さん

体育教師志望から柔道整復師の道へ。将来は高校球児たちのサポートがしたい!

卒業生

桑原 雄馬さん

整形外科勤務

柔道整復科:2015年度卒業

今の仕事との出会いは?
小学生から野球一筋で将来の夢は体育教師でした。高校時代、甲子園ではケガもありベンチにも入れず悔しい思いをしました。その経験から、指導だけではなくケガも診られるになりたいと思うようになりました。大学時代にアルバイトをしていた接骨院が野球に特化した院で、投球フォームから痛みの原因を特定するなどのハイレベルなケアを行っており「自分もこのように選手たちと関わっていきたい!」と決意し、柔道整復師の道を選びました。
東京医療専門学校を選んだ理由は?
大学時代にアルバイトをしていた接骨院の院長を含むほとんどが呉竹出身だったということもあり、他のどの専門学校も見ずに決めました。歴史や国試対策、ネームバリューによる安心感など、今ならいろいろ理由付けはできますが、その当時は憧れる先生方しか見えなかったのが事実です。
仕事の魅力、やりがいについて
平日は整形外科での施術、オフの日は大学から始めたライフセービングでのトレーナー活動をしています。患者さんや選手たちは痛みや辛さをお持ちですので、その不安感をできるだけ取り除くことが出来るよう、明るい笑顔を心がけています。お金をいただく側でありながら感謝してもらえるというのは他の仕事ではなかなかないので、社会に貢献できていると感じる瞬間でもあります。
あなたの夢や目標はなんですか?
いずれは地元での独立開業を目指しています。かつて自分がアルバイトをしていた接骨院のように、甲子園を目指す球児やスポーツをしている中高生に対し、適切なケアができるようになるのが目標です。進路を変えたもう一つの理由が、より多くの人たちに対して自分が貢献したい思いがあったから。実際、この仕事を通じて赤ちゃんからお年寄りまでたくさんの人たちに触れ合うことができています。
天笠 哲伸さん

全ての外傷に対応できる柔道整復師を目指しています

卒業生

天笠 哲伸さん

あさひメディカルグループ西船堀整形外科内科勤務

柔道整復科:2016年度卒業

現在のお仕事は?
整形外科に勤務し、骨折・捻挫・肉離れ等の処置を行ったり、理学療法士スタッフと一緒に運動器リハビリを行ったりしています。実力次第で1年目から外傷処置を整復から固定・リハビリまで任せてもらえるので、他のスタッフが行う外傷処置を自分ならどう処置するか日々考え、全ての患者さんの管理と判断を自分が行っている気持ちで勤務しています。
仕事のやりがいは?
1年目から外傷処置を整復から固定・リハビリまで任せてもらえましたので、一人の患者さんを最初から最後まで見ることができました。自分の手で治して回復していく姿を見るのは嬉しいものです。責任も伴いますが、日々やりがいを感じています。
入学のきっかけは?
大学では医療とは全く異なる学科で学んでいましたが、医療人として人の役に立ちたいと思い、柔道整復科に入学しました。大学で修得した単位で基礎科目の履修免除を受けることができ、専門基礎科目・専門科目の学習に集中できました。
呉竹学園で学んだこと
社会人1年目から患者さんの外傷の対応できたのも、東京医療専門学校でしっかりと基礎知識と技術を学んだからだと実感しています。今後はその土台を活かして一つ一つの処置の質を高めつつ、迅速な処置ができるよう成長していきたいです。

実現するための
奨学金・教育ローン・各種制度・サポート

奨学金・教育ローン

日本学生支援機構奨学金 経済的な理由から就学が困難な方を支援する、公的な奨学金制度です。
日本学生支援機構 奨学金情報
東京都育英資金 勉学意欲がありながら経済的理由により、就学が困難な方を支援する奨学金制度です。(対象:東京都在住の方)
ジャックスの教育ローン 金利負担の少ない学校独自の提携教育ローンです。
その他の教育ローン 日本政策金融公庫や金融機関の各種教育ローンを利用することもできます。
その他の教育ローン情報

学費サポート

夜間特修コース授業料奨学制度 鍼灸科夜間特修コースまたは柔道整復科夜間特修コースに入学され、本制度の対象者として本校が認定した方には、1年次前期授業料(入学手続時に納付)から卒業年次後期授業料にわたり授業料を免除します。
夜間特修コース授業料奨学制度
特待生制度 成績優秀者は、特待生として進級年度の授業料の一部を免除します。
学内進学奨学制度 在学中に呉竹学園や本学園他学科に進学する方の入学金・授業料などの学費の一部を免除。同時に2つの学科に入学した場合は、一つの学科の入学金および校友会費を免除します。

各種制度・その他サポート

基礎科目履修免除制度 本校の鍼灸マッサージ科、鍼灸科および柔道整復科が設定している基礎科目に相当する単位を本校入学以前に取得した方は、既得単位に応じた履修免除を受けることができます。
基礎科目履修免除制度
勤労学生控除 勤労学生として納税をしている在校生は、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを勤労学生控除といいます。
指定学生寮 ひとり暮らしを快適・安全にサポートする呉竹学園指定の学生寮を利用することができます。

指定学生寮
体験入寮のご案内
無料職業紹介所 厚生労働大臣認可の無料職業紹介所を持ち、就職、アルバイトの紹介を行っています。

奨学金・各種サポートについてもっと詳しく