よくあるご質問

学費に関する質問

奨学金や教育ローンは利用できますか?

本校は、日本学生支援機構奨学金制度の認定校です。その他、以下の教育ローンが利用できます。

(1)日本学生支援機構(旧育英会)奨学金

日本学生支援機構(JASSO)の奨学金は、大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)および大学院で学ぶひとを対象とした、国が実施する貸与型の奨学金です。
日本学生支援機構 奨学金情報

第一種

自宅通学

貸与月額 20,000円、30,000円、40,000円、53,000円から選択
利息 無利息

自宅外通学

貸与月額 20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、60,000円から選択※自宅通学の月額も選択可
利息 無利息

第二種

自宅通学・自宅外通学

貸与月額 20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、60,000円から選択※自宅通学の月額も選択可
利息 年利上限3%

○予約採用(高等学校卒業見込みの方)
入学前に奨学金を予約する制度があります。進学先が決定していなくても申請可能です。詳しくは在学している高等学校にお問い合わせください。

(2) 国の高等教育の修学支援新制度(授業料等減免と給付型奨学金)

高等学校等を卒業後2年以内(※一部例外があります)であること、世帯年収および世帯構成によって決定される支援の区分に該当すること(住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生)など、特定の要件を満たす方が本校に進学する場合に、給付奨学金に加え、入学金および授業料の減免を該当する支援の区分に応じて受けることができる、国が実施する制度です。
文部科学省ホームページ『学びたい気持ちを応援します 高等教育の修学支援新制度』

(3)提携教育ローン(株式会社ジャックス)

本校の入学予定者及び在校生を対象とした、金利負担の少ない教育ローンです。
在学中は利息のみの返済が可能な元本据え置き払いも可能です。

(4) 国の教育ローン(日本政策金融公庫)

本校入学時、または在学中にかかる費用を対象とした公的な融資制度です。学生 1 人につき、350万円以内を固定金利で利用でき、在学期間内は利息のみご返済とすることができます。
国の教育ローン情報

入学時や在学中に学費を支援する制度はありますか?

下記制度をご利用いただくことが可能です。
※一部併用できない制度があります。詳細は入試事務局までお問い合わせください。

(1)特待生制度

本校の鍼灸マッサージ科Ⅰ部、鍼灸科Ⅰ部、鍼灸科夜間特修コースまたは柔道整復科Ⅰ部に合格し、本制度の対象者として本校が認定した方を対象として、学業・学術研究を奨励し、優秀かつ社会に貢献する人物を輩出することを目的として、1年次後期授業料の一部を減免する制度です。
なお、在校生に対しては、2年生または3年生に進級する際に、前年度の学業成績(出欠や素行等を含む)および学術研究の評価により特に優秀で他の在校生の模範となる学生を対象とし、特待生として進級年度の授業料の一部を減免しています。

詳しくはこちら

(2)入学金・授業料奨学制度

本校の2つの学科に同時通学する場合は「同時入学奨学制度」が適用されます。在学中に本校または姉妹校の他学科を受験し、入学した場合は「学内進学奨学制度」が適用されます。その他、「卒業生奨学制度」「授業料奨学制度」「推薦奨学制度(校友会推薦・臨床実習指導施設推薦・指定校推薦)」があります。

詳しくはこちら

(3)専門実践教育訓練給付金制度(社会人の方へ)

厚生労働省が指定する教育訓練講座において、労働者や離職者が自ら費用を負担して受講し修了した場合に、本人がその教育訓練施設に支払った費用の一部を支給する雇用保険の給付制度です。(本校の制度対象学科はこちらからご確認ください)。この制度を利用すると2年以上の雇用保険の被保険者期間を有する方(在職者、離職者)など、一定の条件を満たせば最大168万円(※2年課程の鍼灸マッサージ教員養成科は最大112万円)の教育訓練給付金を受けることができます。該当する方は、受講開始日以前に受給申請を行いキャリア・コンサルティングを受ける必要がありますので、お早めに最寄りのハローワークにお問い合わせください。

詳しくはこちら

学費を分納する制度はありますか?

入学手続き時納入金のうち、前期授業料および校友会費については納入期日を延期することができます。また、入学後の授業料は3月(前期授業料)と9月(後期授業料)にご指定口座より自動振替されますが、授業料分納制度があります。詳細は入試事務局までお問い合せください。

イベント予約 資料請求 PAGE TOP