鍼灸・あん摩マッサージ指圧・柔道整復を学ぶなら東京医療専門学校

保護者の方へ

未来の治療家を育てるため、学生1人ひとりの成長に目を向け、全教職員でサポートしていきます。

学校長挨拶

学校長 齊藤 秀樹

保護者の皆さまとともに、医療の発展に貢献できる治療家を育成します。

東京医療専門学校
学校長 齊藤 秀樹

現在の日本は超高齢社会と言われる社会環境にあり、疾病の構造も刻々と変化しております。それに伴い、医療を取り巻く環境も年々大きく変わってきております。本校在校生が目指す「あん摩マッサージ指圧師」「はり師」「きゅう師」「柔道整復師」の活躍の場も広がる昨今、当該国家資格の認知度が向上しており、近年では高校生、専門学校生、大学生の入学希望者が顕著に増えております。

このような状況において、本校では入学された学生すべてが国家資格を取得し、国民の信頼を得る優れた治療家として活躍できるよう、徹底した基礎医学教育、実践的な臨床教育、主体的な学習を促進する教育等を通じて治療家としてのキャリア形成を支援し、自立した未来を切り拓く力を備えた有為の人材を育成するべく邁進しております。私たち教職員は、医療に携わる者として時に厳しく指導しつつも、学生一人ひとりに心を配るサポートを心掛けております。

その一方、本校で過ごす三年間の医療専門課程を修めるためには、学生本人の努力もさることながら、保護者の皆さまのご理解とご支援が欠かせません。本校で充実した学校生活を送り、良き治療家として社会で活躍できるよう、多くの目で見守りながら若い力を大切に育んで参りたいと考えております。保護者の皆さま、ご家族の皆さまにおかれましては、温かいご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

呉竹学園の特徴

90年以上の歴史、
卒業生の6倍以上の求人

1926年の創立以来、多くの優秀な治療家を輩出してきた呉竹学園。
治療院や病院、スポーツ業界などからの信頼は厚く、毎年、卒業する学生の数を6倍も超える求人が寄せられています。

国家試験合格率100%※1―だけじゃない

呉竹学園では、国家試験合格に必要なレベルの、さらに上を行く授業を行っています。だから、国家試験合格率で毎年全国トップクラスを維持するだけでなく、将来役に立つ一生ものの技術・知識が身につきます。この「実践力=基本的臨床能力」を身につけるために、呉竹学園で学び直す大学生・社会人もたくさんいます。

※1:平成29年3月実績

現場での即戦力を身につける
各種セミナーやゼミナール

プロスポーツや地域・学校スポーツで広く必要とされるテーピング。アスリートのケガを予防する体幹トレーニング。体の中から「キレイ」を引き出す美容鍼。お年寄りに安心・安全に治療を受けていただくための介護学・介助学……こうした、現場ですぐに役立つ技術・知識を学ぶセミナーやゼミナールに参加できます。

25,000人以上の先輩が活躍中

これまで、25,000人以上の卒業生を送り出してきた呉竹学園。医療の分野だけでなく、プロスポーツチームのトレーナーやエステティシャンとして、あるいは海外で、卒業生は活躍しています。あなたのケガを治した接骨院の先生も、呉竹出身かもしれません。

教員メッセージ

船水 隆広

鍼灸マッサージ科・鍼灸科 科長
船水 隆広

学生一人ひとりのスムーズな成長を情熱を持ってサポートしていきます。

あん摩マッサージ指圧・鍼・灸は、今や世界中で期待されている医療技術です。なかでも東洋医学をベースに日本独自の手法で確立したJAPANスタイルの鍼灸は、疫病・疾患の治療はもちろん、美容や癒しの効果でも注目されています。鍼灸マッサージ科では、こうした東洋医学の基本から応用まで、臨床を重視したアプローチによって学んでいきます。特に基礎力を身につけるとともに、モチベーションを高め、学ぶことの楽しさを実感してもらうため、初年次教育に力を入れています。

小橋 智子

鍼灸マッサージ科・鍼灸科 科長補佐
小橋 智子

学生一人ひとりの夢を支えながら、鍼灸で社会貢献できる人材に育てます。

鍼灸科では、3年間で医療人としての自覚と人格を形成するとともに、身につけた鍼灸の知識と技術を治療に生かせる人材、鍼灸の技術で社会貢献ができる人材の育成を目指しています。鍼灸は慢性的な凝りや痛みはもちろん、婦人科系や小児科系の疫病、美容、スポーツ、介護など、あらゆる年代の患者さまの、さまざまな症状を対象とする治療法です。学生の皆さんには鍼灸の正しい知識と技術を修得し、目指す分野で自らの道を切り拓いてほしいと思います。その夢をかたちにするため、私たちは学生の思いを理解し、しっかりと支えていきたいと考えています。

渡邉 茂隆

鍼灸科附属施術所 所長
渡邉 茂隆

臨床教育の拡充に向けて附属施術所をリニューアル、この充実した環境を生かし、体験的な学びを支援します。

本施術所では約50名の卒後臨床研修性が在籍し、月間延べ300名以上の患者さまの治療にあたっています。これにより臨床実習協力患者を数多く確保でき、また学習環境整備の中で施術所もリニューアルし、より内容の濃い臨床実習が可能になりました。臨床教育には、授業で学んできた知識や技術を再確認し、施術者としての責任を体感するなど、はかりしれない教育効果があります。医療の道は決して楽なものではありませんが、その施術は患者さまを楽にし、治療家自身の人生を楽しいものにします。その境地へ導けるようしっかりとサポートしますので、一緒にがんばりましょう。

杉山 直人

柔道整復科 科長
杉山 直人

基本を重視した指導で確かな力を養い、幅広く患者貢献できる人材を育成します。

柔道整復師は、医療分野はもちろん、スポーツ分野ではトレーナー、介護分野では機能訓練指導員など、幅広い分野において重要な役割を担います。それだけに基本を重視した指導のもとで、柔道整復術の基礎から応用までを体系的に修得し、医学知識を幅広く身につけることが大切です。そのうえで意識してほしいのは、「柔道整復師」の国家資格は柔道整復師のためではなく、安心・安全に施術を受ける患者さまのために存在するということです。この3年間を少しも無駄にせず、患者貢献に向けて知識・技術の修得に努めてください。その努力を、私たちが全力でサポートしていきます。

早川 幸秀

柔道整復科 科長補佐
早川 幸秀

合格の先にある医療の現場を見据え、正しい臨床力と医療人の心を育みます。

柔道整復師の使命は、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷等の重篤な外傷(ケガ)に対して、包帯やテーピングなどの固定術で施術し、適切な治療計画でケアしていくことにあります。身体を構成する骨・筋・関節などの構造と機能はもちろん、幅広い医学知識を身につけなければなりません。 そのため本校では国家試験合格を第一の目標にしつつ、医療の現場ですぐに使える正しい臨床知識・医療技術の修得を重視しています。また、患者様と共に完治を目指すためには、お子さんからお年寄りまで様々な人との信頼関係を育み、心のケアまで行える豊かな人間性が不可欠です。 私たち教員は知識や技術を教えるだけではなく、患者様との接し方、コミュニケーションの取り方など、学生一人ひとりに医療人としての心も伝えていきたいと考えています。卒業してプロの世界に踏み出した時には、同じ道を歩む仲間として、共に柔道整復師の未来を築いていきたいと思っています。

柿沼 妙子

柔道整復科 教員
柿沼 妙子

医療人としての未来を、一緒に探していきましょう!

日常生活やスポーツにおける骨・筋・関節などに生じる骨折・脱臼・捻挫などの外傷(ケガ)への対処法を3年間かけて学んでいきます。 卒業後、施術現場ではスポーツ外傷に苦しむ中高生、運動機能の向上を希望される高齢者の方等、様々な患者さまと接することでしょう。患者さまにとっては、医療人1年目でも「先生」です。在学中から「人の役に立ちたい」「自分に何ができるだろう」という気持ちを忘れず、積極的に知識・技術を吸収し高めていってください。習得には個人差ありますが、補習・補講等でカバーしますのでどうぞご安心ください。 2020年の東京オリンピック開催、進む高齢化社会と、今後柔道整復師の活躍の場はますます広がっていくことでしょう。特にスポーツ現場では、柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師といった医療系国家資格が注目されています。在学中の3年間で基礎を固め、卒業後はどの現場でも即戦力として活躍できる力を身につけましょう。あなたの社会人として、医療人としてのチャレンジを、私たち教職員は一丸となってサポートします!

飯田 双海

柔道整復科 教員
飯田 双海

学生と教員が本音で向き合う人間関係と学内環境を重視。幅広い学びの機会を提供し、自発的な成長を応援します。

同じクラスで学んでいても、学習の進度や習熟度には個人差があります。その差をなくて同じ目標に到達できるように導くため、私たちは学生とのコミュニケーションを重視し、本音を言い合える人間関係と環境を大切にしています。また、本校の学びは学科の授業だけではありません。「ストレングス&コンディショニング」をはじめ幅広い領域のゼミナールを受講できるほか、競技大会でアスリートをケアするボランティア活動にも参加できます。そうした学びのチャンスにはぜひチャレンジしてください。すべての経験が自分を高める力となります。

中村 真通

鍼灸マッサージ教員養成科 科長
中村 真通

臨床勤務、独立開業を目指す有資格者に、10年分の修業を2年で!

鍼灸マッサージ教員養成科は、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の有資格者が進学するアドバンスコース。治療家(はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧師)として、本気で臨床勤務や独立開業、教員になることを目指すコースです。臨床勤務や独立開業のためには、患者さんを相手に実際の治療を行う「臨床経験」が欠かせません。例えば、これまで独立開業するには、実習生として治療院などで臨床経験を積むのが基本でした。しかし、昨今は、実習生募集も減る傾向にあります。また、実習生になれても、初めは治療の補助がほとんどで、自分で治療するまでには、数年から10年も「修行」する場合もあります。当科では、2年間で圧倒的な臨床経験を積み、社会に出て即戦力として活躍できる力を養うことができます。さらに大学レベルの基礎医学の知識や、教壇に立って教えるための指導力も身につけることが可能です。

就職サポート

圧倒的な求人ニーズ就職実績

それは呉竹学園の揺るぎない信頼と理念を共有する卒業生たちの存在、
そして、学生一人ひとりを応援するサポート力の証です。

充実したキャリアガイダンス

入学当初から就職を意識し、キャリアガイダンスや就職ガイダンスを年に複数回実施しています。さらに卒業生講演会や個人面談などを通じて着実にキャリアプロセスを組み立てていくことができます。

呉竹学園求人検索システム

呉竹学限定の求人を含む呉竹学園グループ3校に登録された求人情報を一括検索できるWEBシステム。在学中はもちろん、卒業後も閲覧できます。

学生支援室

治療家として未来を見据えたキャリア形成を軸に一人ひとりの将来観に直結した個別相談を行います。

学費について

学科・コース名 鍼灸マッサージ科
I部
鍼灸科
I部 / 夜間特修コース
柔道整復科
I部 / 夜間特修コース
鍼灸マッサージ
教員養成科
①入学金 770,000円 300,000円 300,000円 410,000円
授業料 ②前期 760,000円 600,000円 600,000円 680,000円
③後期 760,000円 600,000円 600,000円 680,000円
入学手続時 [①+②] 1,530,000円 900,000円 900,000円 1,090,000円
初年度合計 [①+②+③] 2,290,000円 1,500,000円 1,500,000円 1,770,000円
卒業までの合計 5,330,000円 3,900,000円 3,900,000円 3,130,000円

学費納入について

  • 入学手続時納入金のうち、校友会費および前期授業料については12月上旬まで納入を延期することができます。但し、入学金については納入延期は出来ません。
  • 在学中の授業料は、3月(前期分)および9月(後期分)に、本人が指定する口座から自動振替をします。

その他費用について

  • 入学手続時に、校友会費として3万円(終身会費)が別途必要です。
  • 入学前(2月中旬)に、本校所定の教科書、白衣、臨床実習保険料、柔道着(柔道整復科のみ)および実習用具等にかかる教材費として入学前に約12万円が必要です。

実現するための
奨学金・教育ローン・各種制度・サポート

奨学金・教育ローン

日本学生支援機構奨学金 経済的な理由から就学が困難な方を支援する、公的な奨学金制度です。
高校3年次に予約採用を申請できます。
日本学生支援機構 奨学金情報
東京都育英資金 勉学意欲がありながら経済的理由により、就学が困難な方を支援する奨学金制度です。(対象:東京都在住の方)
ジャックスの教育ローン 金利負担の少ない学校独自の提携教育ローンです。
その他の教育ローン 日本政策金融公庫や金融機関の各種教育ローンを利用することもできます。
その他の教育ローン情報

学費サポート

夜間特修コース授業料奨学制度 鍼灸科夜間特修コースまたは柔道整復科夜間特修コースに入学され、本制度の対象者として本校が認定した方には、1年次前期授業料(入学手続時に納付)から卒業年次後期授業料にわたり授業料を免除します。
夜間特修コース授業料奨学制度
特待生制度 成績優秀者は、特待生として進級年度の授業料の一部を免除します。
学内進学奨学制度 在学中に呉竹学園や本学園他学科に進学する方の入学金・授業料などの学費の一部を免除。同時に2つの学科に入学した場合は、一つの学科の入学金および校友会費を免除します。

各種制度・その他サポート

基礎科目履修免除制度 本校の鍼灸マッサージ科、鍼灸科および柔道整復科が設定している基礎科目に相当する単位を本校入学以前に取得した方は、既得単位に応じた履修免除を受けることができます。
基礎科目履修免除制度
勤労学生控除 勤労学生として納税をしている在校生は、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを勤労学生控除といいます。
指定学生寮 ひとり暮らしを快適・安全にサポートする呉竹学園指定の学生寮を利用することができます。

指定学生寮
体験入寮のご案内
無料職業紹介所 厚生労働大臣認可の無料職業紹介所を持ち、就職、アルバイトの紹介を行っています。

奨学金・各種サポートについてもっと詳しく