鍼灸・あん摩マッサージ指圧・柔道整復を学ぶなら東京医療専門学校

社会人の方へ

  • 医療資格を取ってキャリアアップしたい。

  • 将来、独立・開業を目指したい。

  • 一生ものの「手に職」を身につけたい。

社会人のあなたに3プラス

あなたのキャリアに医療資格をプラス

民間資格などで、リラクゼーション、美容やスポーツ、介護の分野で仕事をしてきた方。国家試験合格率全国トップクラスの呉竹学園で医療資格を取得、これまでの経験を活かしたキャリアアップを目指しませんか。

あなたの将来に独立・開業の道をプラス

自分の知識や社会経験を生かして異業種からキャリア転換を図りたい方。国の職業実践専門課程認定校である呉竹学園は、実践的な授業で将来にわたって活躍できる人材を育成。国家資格を取得し、治療院などで経験を積めば、独立・開業も可能です。

生涯にわたり生かせる「手に職」をプラス

結婚・子育て後の生活や、セカンドライフを充実させるために「手に職」を持ちたいとお考えの方。1926年(大正15年)創立、現存する伝統医療教育機関として最も長い伝統を持つ呉竹学園で、東洋医学を学び、生涯にわたって生かせる技能を身につけませんか。

国家資格を取得するには

呉竹学園のように、厚生労働大臣・文部科学大臣の指定を受けた養成学校で、3~4年間(呉竹学園は3年間)の課程を修了することで国家試験の受験資格が得られます。そのうえで国家試験に合格すると、「はり師」「きゅう師」「あん摩マッサージ指圧師」「柔道整復師」の免許をそれぞれ取得できます。

活躍のフィールド

治療院

「地域の治療院の先生」として
地域医療を支える

地域医療の担い手として、地元の鍼灸院や接骨院などの治療院に勤務。さまざまな体の不調を抱えている方やスポーツなどでケガをした患者様の治療・リハビリテーションを行います。将来的には、独立して自分の治療院を持つという道もあります。

スポーツトレーナー

スポーツ選手を支える

トレーナーとして、プロスポーツから地域・学校スポーツまで、さまざまなスポーツ選手・愛好家を支えます。ケガの治療はもちろん、応急処置・コンディション維持・ケガの予防・トレーニング指導・体調管理など幅広いサポートに応えます。

美容・健康

多くの女性治療家が活躍

血流をよくし、肌の調子を整えたり、むくみを改善する効果がある鍼・灸・マッサージは、美容に活かすことができます。また、女性のライフスタイルの変化に伴う婦人科系疾患や不妊症といった分野で、多くの女性治療家が活躍しています。

病院・クリニック

医師やコメディカル
スタッフとの連携

病院やクリニックの鍼灸外来・東洋医学部門・整形外科・リハビリテーション科などに勤務し、医師や看護師等のコメディカルスタッフと連携しながら、補完代替医療(CAM)(※1)や統合医療(※2)などの観点に基づく医療サービスを提供します。

  1. 「はり」「きゅう」「マッサージ」「柔道整復」など現代医学以外の各種療法の総称
  2. 現代医学と補完代替医療(CAM)を複合的に用いる医療
介護福祉施設

高齢者や身体の不自由な方の
生活の質を向上させるお手伝い

介護老人福祉施設などに勤務し、お年寄りの身体機能の回復や健康の維持・増進を目的とした治療を行います。他の介護医療サービスと連携しチームの一員として高齢者を支えます。また、通院が困難な方に対して訪問治療(在宅医療)を提供することも可能です。

教育・研究機関

東洋医学の発展のために

東洋医療の更なる普及や、研究・人材育成などを目的に、呉竹学園をはじめとする養成校や教育研究機関に勤務し、これからの東洋医学の医療人を育てる教員や高い臨床力を有する治療家になる道もあります。

呉竹学園の特徴

90年以上の歴史が培った信頼。
有効求人者数は卒業生の6.5倍

呉竹学園の創立は1926年(大正15年)。以来、日本における東洋医学の第一人者として、数々の学術団体・協会の母体設立、教員養成課程の創設や資格制度確立のための土壌づくりなどを行ってきました。長年築き上げた実績により、就職先である治療院・病院などからは優秀な人材を育成する教育機関として、厚い信頼を得ています。そのため、毎年、卒業生の6倍以上の求人が寄せられています。

国家試験合格率100%※1
「職業実践専門課程」の認定校だからこそ
+αが身に付く

充実した基礎教育、外部評価機関も認める高度な実技授業・臨床実習、著名な臨床家・医師による特別講習の実施により、「学問の呉竹」と評される呉竹学園。それにより、国家試験合格率は全国トップクラスを維持するだけでなく、将来の医療現場で活かせる力が身に付きます。また、平成26年には、文部科学大臣から「職業実践専門課程※2」の認定を受けました。同認定を受けているのは、専門学校全体のわずか17%※3です。

  1. 平成29年度実績、あん摩マッサージ指圧師
  2. 専修学校の専門課程であって、職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成することを目的として専攻分野における実務に関する知識、技術及び技能について組織的な教育を行うものを、「職業実践専門課程」として文部科学大臣が認定して奨励することにより、専修学校の専門課程における職業教育の水準の維持向上を図ることを目的とするものです。
  3. 472校/約2,800校(2013年度)

今、必要とされる技術・知識を学ぶ
各種セミナーやゼミナール

呉竹学園の実践的な教育をさらに深める各種セミナーやゼミナールを多数開催しています。最大の特徴は、鍼灸・柔整マッサージの治療に加えて「社会ニーズ、患者ニーズを取り入れた幅広い知識・技術」を身につけられること。例えば、スポーツの現場でのケガ予防。高齢の患者様が増える中で、安心・安全に治療を受けていただく。あるいは、美容に効果のある手技を取り入れたプラスアルファのサービスを行う――学ぶのは、このように、実践的でニーズの高い技術・知識です。治療家としての第一歩を踏み出すための確実な力を身につけられるのはもちろん、社会ニーズ、患者ニーズを柔軟に取り入れた治療が可能であり、キャリアの幅が広がります。在校生は学内外で行われる各種セミナーやゼミナール、実習等に積極的に参加しています。

プロスポーツチームのトレーナーなど
幅広く活躍する25,000人の卒業生

これまで、25,000人の卒業生を送り出してきた呉竹学園。医療の分野だけでなく、プロスポーツチームのトレーナーやエステティシャンとして、あるいは海外で活躍しています。その卒業生ネットワークを活かし、学生のキャリア形成を支援。卒業生たちの実体験をもとにしたキャリアガイダンスや実技セッション、医療を取り巻く環境や最新情報を学ぶ講習会なども行っています。また、卒業後も、臨床介護術・救急救命など「卒後臨床研修講座」を実施。多様化する医療ニーズに即した実践的な臨床技術を修得する機会と、同窓生同士の交流・人脈づくりの場を提供しています。

充実の研修・キャリアサポート

卒前・卒後を通じて、さまざまなキャリア形成支援に取り組んでいます。

卒前教育

より豊かな人間性と高い専門性を育む、特色あるプログラムを用意しています。

呉竹医学会学術大会

呉竹学園3校(東京医療専門学校・呉竹鍼灸柔整専門学校・呉竹医療専門学校)の在校生・卒業生・教職員でつくる大規模な学術大会です。著名な臨床家や医師による特別講演をはじめ、実技セッション・一般講演・分科会で構成され、研究発表を通じた3校間の活発な学術交流の場にもなっています。

上海中医薬大学短期留学(中国研修)

1985年から国際学術交流の場として行っている短期留学。中国伝統医学を体験するコースが設定され、中でも日本では経験できない人体解剖を行う解剖コースは、人気の高い実習コースとなっています。

解剖コース 基礎医学の中でも、最も重要な解剖学の理解が立体的に深められます。
総合コース 鍼灸・推拿(すいな)・解剖を総合的に体験するコース。(1年生も参加可能)
モチベーションUPセミナー

学生の意識と専門知識の向上を目的に、さまざまな専門分野から講師を招いた講習会をセミナー形式で開催。日々の授業で身につけた基本的臨床能力を土台に、臨床現場で力になる知識を実技を修得することができます。

ゼミナール

学科カリキュラムとは別に、教員と学生によるゼミを行っています。指導教員の専門性や臨床経験を生かした専門講座なので、ゼミ生は選択した分野について、理論と実践をより深い領域まで学んでいくことができます。

解剖見学実習

人体の正常な構造を知るために重要な学問で、国家試験の必須科目でもある解剖学について、人体構造の三次元的な理解を深める実習を大学病院で実施しています。座学授業の知識をさらに強化して、人命の尊さや医学の崇高な志にも触れることができます。

呉竹会講演会

医師や大学教授、大学講師などを招いて行われる講演会。医療に関するさまざまな最新情報を吸収することで、幅広い視野を持つ治療家を育成します。もちろん、卒業生も参加できます。

企業説明会・キャリアガイダンス

治療院の形態が多様化する中で、業界を取り巻く環境や治療院経営の考え方など、進路を考えるうえで有意義な情報を提供しています。

特別授業・補習・学習サポート

卒業後にすぐに役立つ臨床技術を身につけるために、定期的に開催しています。取得資格の技術向上だけではなく、多様化する社会のニーズに対応するために幅広い内容で展開しています。

過去の実施例
  • 癌になってわかったこと
  • テーピング
  • 顔ヨガ
  • トリガーポイント
  • マッケンジー法(顎)
  • 鍼のできるまで
  • お灸作り体験
  • 美容鍼灸
  • アメリカと日本の鍼灸の違い
  • 中医学
  • 良導絡
  • 経絡治療・てい鍼術
  • 小児鍼
  • 癌患者ケア
  • 医療英語
  • 後療法
  • ストレングス&コンディショニング など

卒後教育

高度化・多様化する医療ニーズに応えるため、能力向上を図るサポート体制を整えています。

卒後臨床研修講座

卒業後の臨床技術の向上をサポートするだけでなく、同窓生同士の貴重な交流の場となっています。

過去の実施例
  • リンパ浮腫治療
  • コアトレーニング
  • 障害別ホワイトテープ
  • 効かせる灸治療の実際
  • 操体法の理論と臨床
  • 症状別キネシオテーピング法
  • 美顔マッサージと鍼
  • 臨床に役立つ介護術
  • 関節運動学的アプローチ
  • トリガーポイント鍼療法 など
附属施術所 卒後臨床研修制度

本校附属の施術所で、研修生として臨床現場のノウハウや施術の一連の流れを学び、ベテランの治療家のもとで患者様の治療を行うことで、臨床力の向上を図ります。

呉竹医学会学術大会

呉竹学園3校の在校生・卒業生・教職員で行う大規模な学術大会です。著名な臨床家や医師による特別講演をはじめ、実技セッション、一般口演、分科会で構成され、研究発表を通じた活発な学術交流の場となっています。

呉竹会講演会

医師や大学教授、著名な治療家などを招いて行われる、同総会主催の講演会。在学中はもちろん卒業後も参加でき、医療に関する最新情報を吸収して広い視野を養えます。

就職支援

医療の現場と学生を、確かな支援体制で結びます。

年間800件(呉竹学園求人検索システム)

求人情報の専用webサイト「呉竹学園求人検索システム」では呉竹学園3校(東京医療専門学校・呉竹鍼灸柔整専門学校・呉竹医療専門学校)に寄せられる求人が掲載され、その数は年間800件以上にのぼります。在学中のアルバイトはもちろん、就職活動・転職活動にも活用することができます。

合同企業説明会

卒業生ネットワークを生かして、毎年企業説明会を開催。企業や治療院の採用担当者と直接面談・相談ができる機会を設けています。

在校生・卒業生の声

富永 涼子さん

関わる人すべてを元気にしたい、そのための技術として、鍼灸を学んでいます。

在校生

富永 涼子さん

鍼灸科

東京医療専門学校を選んだ理由は?
歴史と知名度を考慮して決めました。国家試験合格率の高さは魅力的で、そこに信頼を感じました。
本校の魅力だと思う点は?
少人数クラスできめ細かいサポートが受けることができ、幅広い年齢層の学生がいて、様々な話を聞くことができます。共通の目標のおかげで、自分も勉強を頑張れるし、助け合って勉強し合えるのが魅力です。みんな意欲が高く、自分の刺激にもなります。
授業の印象は?
1年次で基礎を徹底的に学習したおかげで、2年次の学習で実際の臨床現場とのつながりを実感できるようになっています。特に「解剖学」の授業は学ぶにつれて理解が深まり、実際の治療現場での姿もイメージでき、楽しく学習できるようになってきました。
あなたの目標や夢は何ですか?
開業して子育てと両立できるようになること。音楽家を支えるトレーナーになることが目標です。ライブやフェスに帯同して音楽家やアーティストを治療していきたいです。かつて整体院などで働きながら被災地のボランティアを経験したこともあり、関わる人すべてを元気にすることが目標であり夢でもあります。
甲野 功さん

すべての学びと経験が活きています

卒業生

甲野 功さん

あじさい鍼灸マッサージ治療院

鍼灸マッサージ科:2007年度卒業
柔道整復科:2011年度卒業
鍼灸マッサージ教員養成科:2014年度卒業

今の仕事について
開業のきっかけは東日本大震災。自分の子どもや親、地域の皆さんに役立つ場所を作りたく、自宅そばに「あじさい鍼灸マッサージ治療院」を開業しました。地域密着でありたいと考え、お子さん連れで来て頂ける治療院にしました。屋号の「あじさい」は、土壌や時間等で花の色を変えます。鍼灸・柔整・養成科とトリプルで学んだので、紫陽花のようにその人の症状、環境、訴えによって色を変えられる術者でありたいです。
入学のきっかけは?
サラリーマン時代、免疫力が落ちたのか麻疹に罹り入院を余儀なくされた時に、不況に影響されない健康に関する仕事、手に職を持ち、自分らしく生きたいと思うようになりました。退院後に退職し、民間の整体師資格を取りましたが、国家資格が必要と思い直し、都内で鍼灸マッサージ科があり、授業時間帯が自分のライフスタイルに合うこと、また歴史・実績があることから呉竹学園を第一志望にしました。
学校生活の思い出は?
在学中から、社交ダンス選手のサポートをボランティアで行っていました。この分野での先人がいないため、分野を自分が切り開くつもりで勉強しました。「これは選手に使える技術だ」「この知識は選手に必要だ」など常に実際の選手を心に浮かべながら毎日の授業を受けていました。経穴を覚えたり、包帯固定などの自主練習で集まった仲間と互いに刺激しあい、将来のことを話したことが良き思い出として残っています。
仕事のやりがい
患者さんが良くなって感謝してもらえること、経営戦略がうまくはまって効果が出ること、経営者として外部の人と交流する楽しさなど、会社員(従業員)時代にはなかったことが増えています。結果が全てダイレクトに返ってくるのでシビアに成長を実感できます。これまでの人生、会社員時代の経験は嫌でも活きてきます。術者と経営者の2つの立場をいい意味で楽しんでいます。
市川 薫子さん

25,000人の卒業生ネットワークに感謝しています。

卒業生

市川 薫子さん

茅場町いとう医院勤務 鍼灸師

鍼灸科:2012年度卒業

現在のお仕事は?
日本橋にある、婦人科・女性内科・鍼灸室を設置した女性専用クリニックに勤務しています。私は鍼灸室で鍼灸逆子コース、鍼灸全身コース、鍼灸美容コースの三つのコースを患者さんに提供しています。
仕事のやりがいについて
当初からクリニックのドクターが積極的に鍼灸を薦めてくださり、鍼灸師として信頼されていることを感じていました。現在では、クリニックの患者さんが治療ではなく美容鍼灸を受けにきたり、鍼灸外来に来ていただいた患者さんをクリニックに紹介することも増えてきたので、とても嬉しく思います。また、患者さんから新しい患者さんをご紹介いただくこともやりがいに感じています。
仕事で苦労したことはありますか?
最初は経験もなく、私の施術のせいでクリニックに迷惑をかけたりしないか、何か間違いを起こしてしまったらと日々怖れていました。また電子カルテ内の専門用語など覚えるのにも苦労しましたが、今ではしっかり見ることができるようになりました。ドクターが鍼灸に協力的で、医療連携もスムーズにできていること、スタッフの皆さんの協力、そしてなにより患者さんの声が支えのおかげです。
呉竹学園で得たことは?
前職ではホテル内の鍼灸院で美容鍼灸を担当していたので、逆子や婦人科疾患の治療にとまどいがありました。そのときに「卒業生の集い」でお愛した先輩鍼灸師の方々が個人的に集中指導をしてくださいました。現在も逆子の患者さんが増えていますが、そのたびに先輩方に助言や指導をいただいています。呉竹学園の卒業生ネットワークのおかげだと思います。
佐藤 衣里子さん

女子サッカーに関わり続ける、充実した毎日を過ごしています。

卒業生

佐藤 衣里子さん

鍼灸マッサージ科:2015年度卒業

現在のお仕事は?
選手として在籍していた女子サッカークラブが開設した鍼灸院に勤務しています。当初はクラブを知っている方の来院がほとんどでしたが、最近は口コミで来られる方も増えてきて嬉しく思っています。来院される患者さんの大部分が訴える「肩こり」や「腰痛」といった日常生活での不快感を軽減させるべく、日々施術にあたっています。
仕事のやりがいについて
鍼灸院での勤務に加えて、施設内にあるスタジオで運動教室を開催したり、トップチームのホーム戦やイベントであん摩マッサージ指圧の出店をしたりと、患者さんが自分自身で身体を整え、維持できるようストレッチや運動療法などもお伝えしたり。地域の方々と交流できる今の生活はとても充実しています。
鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師を目指したきっかけは?
中学の時、腸脛靭帯炎の治療が鍼との出会い。「あの細い鍼を刺して痛みがなくなってサッカーできるようになった!!」と感動し、「自分も人に鍼を打てるようになりたい」と思いました。その方には栄養指導や体のケア、ケガの予防、試合や練習の準備の仕方など、多くのことを教えていただいたことを覚えています。それからサッカーを主軸に生活を送り、現役を一度退いたタイミングで入学を決意。在学中には選手として現役復帰もしました。
呉竹学園で学んだことは?
勉強は正直、得意不得意がありましたが、学校生活はとても楽しかったです。東京医療専門学校には様々な年齢の学生が日本各地から集まるので、そこで培ったコミュニケーション力を活かして、患者さんとの会話から不快感や不安の要因をくみ取っています。

実現するための
奨学金・教育ローン・各種制度・サポート

奨学金・教育ローン

日本学生支援機構奨学金 経済的な理由から就学が困難な方を支援する、公的な奨学金制度です。
日本学生支援機構 奨学金情報
東京都育英資金 勉学意欲がありながら経済的理由により、就学が困難な方を支援する奨学金制度です。(対象:東京都在住の方)
ジャックスの教育ローン 金利負担の少ない学校独自の提携教育ローンです。
その他の教育ローン 日本政策金融公庫や金融機関の各種教育ローンを利用することもできます。
その他の教育ローン情報

学費サポート

夜間特修コース授業料奨学制度 鍼灸科夜間特修コースまたは柔道整復科夜間特修コースに入学され、本制度の対象者として本校が認定した方には、1年次前期授業料(入学手続時に納付)から卒業年次後期授業料にわたり授業料を免除します。
夜間特修コース授業料奨学制度
特待生制度 成績優秀者は、特待生として進級年度の授業料の一部を免除します。
学内進学奨学制度 在学中に呉竹学園や本学園他学科に進学する方の入学金・授業料などの学費の一部を免除。同時に2つの学科に入学した場合は、一つの学科の入学金および校友会費を免除します。

各種制度・その他サポート

基礎科目履修免除制度 本校の鍼灸マッサージ科、鍼灸科および柔道整復科が設定している基礎科目に相当する単位を本校入学以前に取得した方は、既得単位に応じた履修免除を受けることができます。
基礎科目履修免除制度
勤労学生控除 勤労学生として納税をしている在校生は、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを勤労学生控除といいます。
指定学生寮 ひとり暮らしを快適・安全にサポートする呉竹学園指定の学生寮を利用することができます。

指定学生寮
体験入寮のご案内
無料職業紹介所 厚生労働大臣認可の無料職業紹介所を持ち、就職、アルバイトの紹介を行っています。

奨学金・各種サポートについてもっと詳しく