短期間で確かな臨床力、指導力を身につけ
即戦力として活躍できる独立開業、臨床勤務、
教員を目指す有資格者に。

鍼灸マッサージ
教員養成科

入学資格
はり師・きゅう師
あん摩マッサージ指圧師のうち1種類以上の免許取得者の方
社会人の方へ 専門実践教育訓練給付金対象講座について詳しくはこちら 文部科学省認定 職業実践専門課程について詳しくはこちら
代々木校舎 2年制 /
【アドバンスコース】 9:30-15:00(月-金 週5日制) ※時間外の授業(臨床実習など)が行われる場合があります。

POINT

学科概要

POINT.01鍼灸マッサージ教員養成科とは

本気で独立開業、臨床勤務、
教員を目指すコース

鍼灸マッサージ教員養成科は、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の有資格者※ が進学するアドバンスコースです。治療家としての即戦力を養い、本気で独立開業や臨床勤務、教員になることを目指します。
※ 対象:はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師のうち、一種類以上の免許取得者および取得見込者

本気で独立開業、臨床勤務、教員を目指すコース

POINT.02授業の特徴

10年の修行に匹敵する
「臨床経験」を2年間で。

臨床勤務や独立開業のためには、患者さまに実際の治療を行う「臨床経験」が欠かせません。これまで独立開業するには、治療院などで臨床経験を積むのが一般的でした。初めは治療の補助がほとんどで、自分で治療するまでには数年から10年も修行する場合もありました。

鍼灸マッサージ教員養成科では、2年間で圧倒的な臨床経験を積み、社会に出て即戦力として活躍できる力を養うことを目指します。さらに、大学医学部レベルの医学の知識や、臨床指導者としての指導力も身につけることが可能です。

10年の修行に匹敵する「臨床経験」を2年間で。

在学生プロフィール

性別比
年代比
  • 平均年齢31.0歳(21〜49歳)
入学動機
  • ※2016年度在校生実績

北海道から九州にかけて全国各地の養成校からさまざまな学生が在籍。
また約7割の学生が、主に治療院などで働きながら学んでいます。

OUTLINE

授 業

臨床を重視した体系的な学びで、あん摩マッサージ指圧・鍼・灸の基礎から応用までを修得します。

臨床実習

臨床実習

現代・古典・中医の知識と技術を
実践を通じてマスターします。

附属施術所での「臨床実習」は1年次の2学期から始まり、1年間日々継続して行われます。
現在日本で広く使われている治療法の3本柱である「現代鍼灸(現代)」「経絡治療(古典)」「中医臨床(中医)」を、臨床実習を通じてマスターします。
3つのアプローチから学んだ知識と技術は、どんな領域の治療にも活かすことが可能です。

附属施術所

附属施術所

本格的な附属の施術所で、圧倒的な
臨床経験を積む。

学校に併設された附属施術所は25ベットを完備し、毎日40名以上の患者さまが来院する本格的な治療院です。臨床の第一線で活躍するベテラン講師から指導を受けながらマンツーマンで患者さまの治療にあたります。いわゆる4大運動器疾患(頸肩腕痛・腰下肢痛・肩関節痛・膝関節痛)以外の主訴を持った患者さまも多数来院されますので、多様な症例に対して様々な治療法でアプローチする経験を積むことが可能です。受付や窓口会計、カルテの管理、備品管理、リスク管理、衛生面の対応など施術所の運営も学生が行うため、治療以外の実務や接遇など実践的な学びの場にもなっています。

講師陣

講師陣

治療、研究、教育……
さまざまな分野の第一線で活躍する講師たち。

著名な治療家、スポーツトレーナー、大学教授など、治療や教育の第一線で活躍する約40名が講師陣です。授業は講師の経験に基づく実践的なもの。基礎医学の授業は大学医学部レベルの授業となります。また美容、不妊、スポーツ、介護、リンパドレナージなど、疾患・症候別のアプローチによる授業も豊富にあり、多彩なアプローチを知ることで、治療の幅が広がります。
講師陣は卒業後のみなさんの姿でもあります。自分の可能性やどんな道に進みたいかを講師の姿を通じて模索できます。小人数制の授業なため、講師との距離も近くアットホームな雰囲気です。

クラスの雰囲気

クラスの雰囲気

本気で治療家を目指すクラスメートと学ぶ。

専門学校で資格を取得したばかりの20代の方から、結婚・出産等を経て新しい道を模索する方、定年後に第二の人生を歩んでいる方、サラリーマンや歯科医師、劇団員やボクサーから転身した方など、在校生の年齢層・バックボーンは多彩です。
共通しているのは、資格を取得するだけに飽き足らず、本気で治療家を目指していること。全員が熱心に勉強・実習に取り組む雰囲気の中で、専門知識を身につけ技術を磨きます。
実習や卒業研究などを通じてクラスメートの深い絆が育まれます。社会に出てからも連絡を取り合い、ときには仕事で協力し合う。そんな一生の付き合いにつながることもあります。

前期 / 1年次 臨床専攻課程

鍼灸臨床における3本柱を総合的に学ぶ。

現代、古典、中医の3つの治療スタイルを効率的に学びながら、疾患・症候別のアプローチ方法や臨床で使える手技も学びます。

鍼灸治療の3本柱

  • 現代
  • 医療機関での鍼灸(症例報告含む)
  • 古典
  • 脈診、腹診、補瀉、本治法
  • 中医
  • 中国鍼、吸玉、弁証論治

疾患・症候別アプローチ

  • 灸治療
  • 漢方医学
  • スポーツ医学
  • 治効理論
  • 物理療法
  • 心理療法

その他

  • 手技療法:指圧・あんま
  • 手技評価学:トリガーポイント
  • オイルマッサージ
  • スポーツマッサージ
  • 関節運動学:リハビリ医学
  • 徒手矯正
  • リンパドレナージ
  • 介護予防・運動指導員:資格取得対応講座
  • 操体法:SPAT認定セラピスト取得
  • 対応講座

後期 / 2年次 教員養成課程

知識・経験を深め、「知っている」を「できる」に変える。

1年次から引き続き、臨床実習を通じてはり・きゅう・あん摩マッサージ指圧による治療技術を深めます。
医科系大学と連携し、基礎医学もしっかり学びます。人体の構造機能への理解度を向上させ、西洋的医学的な見立てと指導ができるようになります。教職教育分野の授業では、教育実習や模擬授業・学術発表演習を通じて「指導力」を身につけます。

基礎医学

  • 解剖学・組織学・病理学実習
  • 生理学実習
  • 検査・検査値概論
  • 公衆衛生・医療概論

鍼灸

  • 美容鍼灸
  • 婦人科疾患
  • 良導絡自律神経調整法
    (良導絡測定師取得対応)
  • ケースカンファレンス
    (西洋系・中医系)
  • 原典閲読

伝える・教える能力の育成

  • 教授学習法、教育実践指導
  • 臨床心理
  • 医学教育・あはき教育
  • 教育実習
  • 模擬授業
  • 統計研究手法
  • 卒業論文
  • プレゼンテーション演習

FUTURE

将 来

将来の道

臨床勤務、独立開業など、
教員に限らず選択の幅は広い。

卒業生は全国各地で治療家や教員として活躍しています。現在までの卒業生は946人※2021年3月現在。
同期や先輩とのつながりは、社会に出てからの大きな力となります。
進路は多彩ですが、臨床勤務と独立開業を選択する方が6割を超えます。
また現在、卒業生の約3割が全国各地の養成校にて教員として活躍しています。

主な進路

治療院(鍼灸院・鍼灸マッサージ院など)

当科で身につけた専門性の高い知識と技術を活かして、地域に密着した治療院や、美容、婦人科疾患、スポーツ、介護分野など専門性の高い治療院などで活躍しています。

医療機関(病院・クリニックなど)

病院やクリニックなどで医師や看護師・理学療法士らとチーム医療に携わります。特に近年、統合医療・補完代替医療という新しい医療の枠組みの中で、鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師が活躍できる分野が広がりをみせています。

独立開業

在学中に多くの臨床経験を積むことで、在学中あるいは卒業後すぐに開業される方もいます。「現代鍼灸(現代)・経絡治療(古典)・中医臨床(中医)」の3つの柱を活かして自分の治療のベースを身につければ、スポーツや美容、婦人科系疾患など特徴をもった治療院の開業も可能です。

専任教員・講師

専門学校などの養成校の専任教員・講師として活躍しています。はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師を目指す方々へ講義や実技指導を行い、東洋医学を受け継ぐ治療家を育てます。また、勤務や開業をしながら非常勤講師として後進の教育に携わる道も拓けます。

養成校人事ご担当の方へ
教員採用

平素より本校鍼灸マッサージ教員養成科 在校生および卒業生の就職につきまして格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
採用につきましては、お手数をお掛けいたしますが以下よりお手配くださいますようお願いいたします。

1. 「鍼灸マッサージ教員養成科 求人申込票」をダウンロードしていただき、必要事項をご記入ください。

Adobe® Reader®
PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®(無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

2. 作成された求人票を、以下送付先までメール、FAXまたは郵送にてお送りくださいますようお願いいたします。

送付先・お問い合わせ先

  • 東京医療専門学校 鍼灸マッサージ教員養成科
  • 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-55
  • TEL:03-3320-1815 FAX:03-3379-6935
イベント予約 資料請求 PAGE TOP