鍼灸・あん摩マッサージ指圧・柔道整復を学ぶなら東京医療専門学校

奨学金・各種サポート

安心して就学できるよう、
奨学金・各種制度など様々なサポートをご用意しております。

奨学金

日本学生支援機構奨学金

貸与型奨学金

大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)および大学院で学ぶ人を対象とした、国が実施する貸与型の奨学金のことです。学生が自立して学ぶことを支援するために学生本人に貸与され、卒業後に学生本人が返還していきます。

日本学生支援機構の特長

教育ローンに比べて低利率。
国が実施する奨学金で安心!

入学後にかかる学費は
すべて奨学金でまかなえる

奨学金の用途はさまざま。
生活費や通学費にも利用可能!

奨学金の種類

区分 貸与月額 利息
第一種 自宅通学 20,000円、30,000円、40,000円、53,000円から選択 無利息
自宅外通学 20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、60,000円から選択
第二種 自宅通学 20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、
60,000円、70,000円、80,000円、90,000円
100,000円、110,000円、120,000円 から選択
年利上限3%
自宅外通学

(独立行政法人日本学生支援機構法施行令参照)

給付型奨学金(在籍の高等学校にお問い合わせください)

1. 対象者

(1)住民税非課税世帯の生徒 保護者(父母、父母がいない場合は代わって家計を支えている人)の両方が
   住民税非課税の世帯の生徒(現在高校生等奨学給付金を受給している方は対象)で、以下の基準に該当する方。
   ①2019年度に私立の大学・短大・高等専門学校(4年次)・専門学校に進学し、自宅外からの通学となる場合。
   ②学力・資質基準:各学校の教育目標に照らして、十分に満足できる高い学習成績を修めている場合。
(2)社会的養護が必要な生徒(自動養護施設や里親などの下で生活している生徒)で、以下の基準に該当する方。
   ①2019年度に国公私立の大学・短大・高等専門学校(4年次)・専門学校に進学する場合。
   ②学力・資質基準:以下のいずれかに該当するとして、高等学校等の学校長から推薦を受けられる場合。
   ・特定の分野において特に優れた資質能力を有し、大学等への進学後、特に優れた学習成績を修める見込みがあること。
   ・大学等における学修に意欲があり、大学等への進学後、特に優れた学習成績を修める見込みがあること。

2. 給付額

(1)自宅通学:月額3万円
(2)自宅外通学:月額4万円(※社会的養護が必要な生徒は、一時金として入学時に別途24万円の給付を受けることができます。)

東京都育英資金

公益財団法人東京都私学財団が、東京都内にお住まいで本校に在学する方のうち、勉学意欲がありながら経済的理由により修学が困難な方で以下の申込資格すべてに該当し本校が推薦する方に対して、無利息で奨学金を貸付する制度です。この育英資金は学生本人へ貸付されるものであり、学生本人が返還する必要があります。申込を希望される方は、ご入学後に本校入試事務局(TEL:03-3341-4043)までお問い合せください。なお、本校在校生への貸付月額は53,000円です。

申込資格

  1. 都内に所在する高等専門学校又は専修学校(専門課程)に在学していること。
  2. 申込者と申込者を扶養している方(税法上の扶養者)が、貸付を開始する月の初日に共に住所が都内にあること。
  3. 勉学意欲があり、経済的理由により修学が困難なこと。
  4. 同種の奨学金(給付制のものを除く)を他から借り受けていないこと。
  5. 申込時に、第一連帯保証人(原則として申込者を扶養する父又は母)、貸付終了時に、以下の要件をすべて満たした第二連帯保証人を立てられること。(ア)父又は母でないこと。(イ)職業を有し(借用証書提出時に限る)、独立の生計(別生計)を営んでいること。(ウ)未成年者でないこと。(エ)貸付を終了した日において、満65歳を超えていないこと。
  6. 日本国籍がない場合は、在留資格が「法定特別永住者」「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」のいずれかであること。
  7. 同一学種等で、過去に東京都育英資金を借りていないこと。
  8. 大学院に在学したことがないこと。
  9. 返還期間の末日に、満65歳を超えないこと。

教育ローン

日本政策金融公庫・提携教育ローン

入学手続時納入金にもご利用いただける教育ローン。
借りる範囲や返済方法は、あなたの希望や状況に合わせて利用できます。

国の教育ローン(公的な融資制度)

  • 入学時や在学中にかかる費用が対象
  • 学生一人につき350万円まで借入可能
  • 利率が比較的低く、安心の固定金利
  • 入学時や在学中にかかる費用に利用可能

日本政策金融公庫ホームページ

ジャックスの教育ローン(学園提携ローン)

  • 手続きはスピーディにWEBで完結
  • 学校が金利の一部を負担します
  • 在学期間中の返済は利息のみ&卒業後も最大6ヶ月まで据置可能
  • 返済は最長120回(10年)の長期支払い回数が可能

その他の教育ローン

主な金融機関で取り扱いがある教育ローンをご利用いただけます。
詳細・申請手続については、各金融機関に直接お問い合わせください。

在校生の学費プラン(事例)

社会人 35才 / 男性

Aさんの場合
(社会人 35才 / 男性)

POINT
・卒業後に独立開業したい!
・在学中はできるだけ勉強に集中!
・学費ローン借入は最小限に抑えたい!

入学学科 : 鍼灸マッサージ科I部
3年間学費総額 : 533万円

コメント

将来の開業資金のことも考えて、入学前に支払う学費等で自己資金を使ったのは入学金のみ。残りの手続金(前期授業料)は学校提携の教育ローン(ジャックス)を利用しました。在学中は利用しやすい日本学生支援機構奨学金を3年間申請。それで3年間の学費すべてをカバーしました。

自己資金 770,000円
提携教育ローン(ジャックス) 760,000円
日本学生支援機構
奨学金(第二種)
1年次 1,400,000円
(200,000円 入学特別増額) + (100,000円 × 12ヶ月)
2年次 1,200,000円
(100,000円 × 12ヶ月)
3年次 1,200,000円
(80,000円 × 12ヶ月)
合計 5,330,000円
高校生 18才 / 女性

Bさんの場合
(高校生 18才 / 女性)

POINT
・親に負担をかけたくない!
・勉強とアルバイトを両立!
・目指すはスポーツトレーナー!

入学学科 : 柔道整復科I部
3年間学費総額 : 390万円

コメント

親に負担をかけたくなかったので、自力で進学しようと思い、高校3年の時に日本学生支援機構奨学金の予約採用を申請しました。入学前の費用は親(※国の教育ローンを申請)に立て替えてもらいましたが、在学中は母校の部活のトレーナー活動をやりながら、奨学金とアルバイトで3年間の学費を支払うことができました。

国の教育ローン※ (900,000円)
自己資金 アルバイト 900,000円
(月 25,000円 × 36ヶ月)
日本学生支援機構
奨学金(第二種)
1年次 900,000円
(300,000円 入学特別増額) + (50,000円 × 12ヶ月)
2年次 600,000円
(50,000円 × 12ヶ月)
3年次 600,000円円
(50,000円 × 12ヶ月)
合計 3,900,000円
大学生 22才 / 男性

Cさんの場合
(大学生 22才 / 男性)

POINT
・大卒の資格を活かし、学校独自の奨学制度を利用!
・日中働ける夜間部に通い、奨学金も併用!
・将来のフィールドでアルバイト経験!

入学学科 : 柔道整復科夜間特修コース
3年間学費総額 : 330万円(※奨学制度適用後)

コメント

スポーツ系大学在学中に国家資格の柔道整復師に興味を持ち、大学卒業の資格による『夜間特修コース授業料奨学制度A』(※詳しくはこちら)を利用して学費を抑えました。大学の学費は親が支払ってくれましたが、この3年間は日本学生支援機構奨学金を活用するとともに、授業のない日中は接骨院でアルバイトをして学費をまかないました。

自己資金 アルバイト 1,800,000円
(月 50,000円 × 36ヶ月)
日本学生支援機構
奨学金(第二種)
1年次 600,000円
(50,000円 × 12ヶ月)
2年次 600,000円
(50,000円 × 12ヶ月)
3年次 300,000円
(50,000円 × 6ヶ月)
合計 3,300,000円
看護師 31才 / 女性

Dさんの場合
(看護師 31才 / 女性)

POINT
・国家資格を活かし、学校独自の奨学制度を利用!
・在学中も仕事を継続し、ローンは早めに返済したい!
・自己資金を貯めてローン総額を最小限に!

入学学科 : 鍼灸科夜間特修コース
3年間学費総額 : 270万円(※奨学制度適用後)

コメント

鍼灸師に興味を持ち、医療系国家資格(看護師)保有による『夜間特修コース授業料奨学制度B』(※詳しくはこちら)を利用して学費を抑えました。1年次の学費は自己資金で補い、2年次・3年次の授業料は学校提携の教育ローン(ジャックス)を利用しました。在学中も看護師の仕事を続けていたので、教育ローンは早めに返済できました。

自己資金 1,100,000円
提携教育ローン(ジャックス) 1,600,000円
合計 2,700,000円

専門実践教育訓練給付金制度

専門実践教育訓練給付金は、厚生労働省が指定する教育訓練講座において、労働者や離職者が自ら費用を負担して受講し、修了した場合に、本人がその教育訓練施設に支払った費用の一部を支給する雇用保険の給付制度です。
受給資格のある方は、3年間で最大168万円(2018年1月から)の給付金を受けることができます。

  • 社会人の方で該当される場合は、お早めにハローワークにお問い合わせの上、支給要件照会を受け、入学の1ヶ月前までに給付資格確認手続を行ってください。

制度対象学科

  • 鍼灸マッサージ科I部
  • 鍼灸科 夜間特修コース
  • 柔道整復科 夜間特修コース(申請中)
  • 鍼灸マッサージ教員養成科

給付例①

受給要件を満たす方が、鍼灸マッサージ科I部または鍼灸科 夜間特修コースまたは柔道整復科 夜間特修コース(申請中)に入学した場合

さらに、指定講座(通信制及び夜間制を除く)の受給のうち、45歳未満で失業状態にあるなど、一定の条件を満たした方は、「教育訓練支援給付金」として、雇用保険の基本手当の日額に相当する額の80%が支給されます。

給付例②

受給要件を満たす方が鍼灸マッサージ教員養成科に入学した場合

さらに、指定講座(通信制及び夜間制を除く)の受給のうち、45歳未満で失業状態にあるなど、一定の条件を満たした方は、「教育訓練支援給付金」として、雇用保険の基本手当の日額に相当する額の80%が支給されます。

学費サポート制度

本校在校生には、以下の学費サポート制度(減免制度)があります。

夜間特修コース授業料奨学制度

鍼灸科夜間特修コースまたは柔道整復科夜間特修コースに入学され、本制度の対象者として本校が認定した方には、1年次前期授業料(入学手続時に納付)から卒業年次後期授業料にわたり下表のとおり授業料を減額します。

夜間特修コース授業料奨学制度A

3年間で330万円(60万円減免)

減免額 半期分授業料60万円を、在学中にわたり10万円減額し50万円とします。
条件 夜間特修コース入学者で、次の学校をすでに卒業した方、または2019年3月に卒業見込みの方。
  1. 大学および短期大学(外国の大学およびその日本校を除く)
  2. 高等専門学校
  3. 厚生労働大臣または文部科学大臣の指定を受けた次の医療関係職種養成校
    あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・柔道整復師・看護師・歯科衛生士・診療放射線技師・臨床検査技師・衛生検査技師・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・臨床工学技士・義肢装具士・救急救命士・言語聴覚士
入学願書
記入事項
「夜間特修コース授業料奨学制度利用」欄に「A」と記入した上で、「その他の学歴」欄に条件に該当する学校名及び卒業(見込み)年月を記入してください。
出願時
提出書類
すでに卒業した方:条件を満たす学校の卒業証明書
2019年3月に卒業見込みの方:条件を満たす学校の卒業見込証明書または在学証明書(入学後に卒業証明書を提出)
備考 2019年3月に卒業見込みで出願された方で、本校入学時に卒業証明書を提出できない方には本制度は適用されませんので、入学手続時納付金の授業料減額分10万円を納付していただきます。

夜間特修コース授業料奨学制度B

3年間で270万円(120万円減免)

減免額 半期分授業料60万円を、在学中にわたり20万円減免し40万円とします。
条件 夜間特修コース入学者で、次の医療系国家資格を保有している方、または本校入学までに取得見込みの方。
医師・歯科医師・薬剤師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・柔道整復師・看護師・歯科衛生士・診療放射線技師・臨床検査技師・衛生検査技師・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・臨床工学技士・義肢装具士・救急救命士・言語聴覚士
入学願書
記入事項
「夜間特修コース授業料奨学制度利用」欄に「B」と記入した上で、国家資格を保有している方は、「免許・資格」欄に条件に該当する医療関係国家資格を記入し、国家資格を本校入学までに取得見込みの方は、「その他の学歴」欄に条件に該当する学校名及び卒業見込み年月を記入してください。
出願時
提出書類
保有している方:条件を満たす国家資格の免許証の写し
取得見込みの方:条件を満たす国家資格養成校の卒業見込証明書または在学証明書(本校入学後1ヵ月以内に免許証の写しを提出)
備考 国家資格取得見込みで出願された方で、本校入学後1ヵ月以内に免許証の写しを提出できない方には本制度は適用されません。その場合、夜間特修コース授業料奨学制度Aの条件を満たす学校の卒業証明書を提出できる方には夜間特修コース授業料奨学制度Aが適用されるため、両制度の入学手続時納付金の授業料減額分差額10万円を納付していただきます。また、卒業証明書を提出できない方には本制度は適用されませんので、入学手続時納付金の授業料減額分20万円を納付していただきます。

校友会推薦奨学制度

10万円減免

呉竹学園(東京医療専門学校・呉竹鍼灸柔整専門学校・呉竹医療専門学校)の卒業生(校友会会員)より推薦され、本校の鍼灸マッサージ科・鍼灸科・柔道整復科のいずれかに入学した方を対象として、学業・学術研究を奨励し、優秀かつ社会・校友会に貢献する人物を輩出することを目的として、入学金の一部(10万円)を入学後に付与する制度です。
本制度に該当される方は、入学願書の「校友会推薦人」欄に必要事項を記入してください。また、入学試験合格後に本校より送付される必要書類に、校友会推薦人本人の署名および捺印が必要です。
なお、本制度と院長推薦奨学制度の併用はできません。

院長推薦奨学制度

5万円減免

呉竹学園(東京医療専門学校・呉竹鍼灸柔整専門学校・呉竹医療専門学校)に対して求人を掲出された医療機関・治療院の代表者(院長)より推薦され、本校の鍼灸マッサージ科・鍼灸科・柔道整復科のいずれかに入学した方を対象として、学業・技術研鑽を奨励し、将来有望な継承者となる人物を輩出することを目的として、入学金の一部(5万円)を入学後に付与する制度です。
本制度に該当される方は、入学願書の「院長推薦人」欄に必要事項を記入してください。また、入学試験合格後に本校より送付される必要書類に、院長推薦人本人の署名および捺印が必要です。
なお、本制度と校友会推薦奨学制度の併用はできません。

特待生奨学制度

授業料一部免除

鍼灸マッサージ科、鍼灸科および柔道整復科において、2年生または3年生に進級する際に、前年度の学業成績(出欠や素行等を含む)および学術研究の評価により特に優秀で他の在校生の模範となる学生を対象とし、特待生として進級年度の授業料の一部を免除します。

国民年金の学生納付特例制度

所得の少ない学生の方が、国民年金保険料の納付を先送り(猶予)できる制度です。保険料を納められない場合は、市(区)役所または町村役場の国民年金窓口にて学生納付特例制度を申請してください。なお、申請の際は学生証のコピーまたは在学証明書の原本が必要です。

経済的困窮者に対する学費減免制度

在学中に授業料等の学費を実質的に負担する家計支持者が、次の1から5の要件のうちいずれかに該当し、かつ審査の結果学費の減免が必要と認められた場合は、予算の範囲内において授業料の一部(30万円/年額)を免除する制度です。

  対象者 必要証明書類
1 生活保護受給者 最新の生活保護受給証明書又は生活保護決定通知など
2 市町村年税所得割非課税者 最新の課税(非課税)証明書、納税証明書、納税通知書など
3 所得税非課税者 最新の源泉徴収票又は確定申告書控えなど
4 倒産・失職等により家計が急変した者 失職、破産、事故、病気、死亡又は火災等の事実が分かる書類
5 風水害等により多大な被害を受けた者 罹災証明書、被災証明書など

その他の公的支援制度

都道府県等の支援給付金事業

  1. 専門学校授業料減免制度
    意欲と能力のある私立の専門学校生が経済的理由により修学を断念することなく安心して学べるよう、専門学校生に対する経済的支援を行う制度です。なお、申請は入学後となります。
  2. 高等職業訓練促進給付金等事業
    母子家庭の母又は父子家庭の父が対象資格取得のため養成機関で修業する場合に支給されます。詳細は厚生労働省の「母子家庭自立支援給付金及び父子家庭自立支援給付金事業」をご参照ください。
    【支給額】月額100,000円(市町村民税非課税帯)(訓練修了後50,000円)
    月額70,500円(市町村民税課税世帯)(訓練修了後25,000円)
    【支給期間】修業期間の全期間(上限3年)
  • 制度を設けていない都道府県等に居住の場合は支給対象となりません。入学前に必ず事前にお住まいの市(町村在住の方は都道府県)にご相談ください。

同時入学奨学制度

2つの学科に同時入学する場合(組み合わせは以下の①から④のみ)は、鍼灸科夜間特修コースまたは柔道整復科夜間特修コースの入学金、校友会費、1年次および3年次の後期授業料(『夜間特修コース授業料奨学制度』に該当する場合は制度適用後の授業料)が免除されます。同時期に多くを学ぶことになりますので、本制度の適用を希望する方は出願前に学校説明会、オープンキャンパスまたは個別学校見学に参加し、教職員にご相談ください。

① 鍼灸マッサージ科Ⅰ部と柔道整復科夜間特修コース
② 鍼灸科Ⅰ部と柔道整復科夜間特修コース
③ 柔道整復科Ⅰ部と鍼灸科夜間特修コース
④ 鍼灸マッサージ教員養成科と柔道整復科夜間特修コース

学内進学奨学制度

本校に在籍する成績・学業態度ともに優秀な学生が、進級時または卒業時に本校の他学科へ進学することを支援するため、下表のとおり入学金および授業料を減免する制度です。姉妹校(呉竹鍼灸柔整専門学校・呉竹医療専門学校)の他学科に進学する際にも減免がありますので、詳しくは入試事務局までお問い合せください。なお、本制度は、夜間特修コース授業料奨学制度を除く他の奨学制度との併用はできません。

学科名 入学金 1年次授業料 2年次授業料 3年次授業料 卒業までの
学費
減免額
前期 後期 前期 後期 前期 後期
鍼灸マッサージ科
I部
免除 76万円 76万円 76万円 76万円 76万円 76万円 456万円 77万円
鍼灸科Ⅰ部 免除 60万円 免除 60万円 60万円 60万円 60万円 300万円 90万円
鍼灸科
夜間特修コース
免除 60万円 免除 60万円 60万円 60万円 免除 240万円 150万円
〃 授業料
奨学制度A適用時
免除 50万円 免除 50万円 50万円 50万円 免除 200万円 190万円
〃 授業料
奨学制度B適用時
免除 40万円 免除 40万円 40万円 40万円 免除 160万円 230万円
柔道整復科Ⅰ部 免除 60万円 免除 60万円 60万円 60万円 60万円 300万円 90万円
柔道整復科
夜間特修コース
免除 60万円 免除 60万円 60万円 60万円 免除 240万円 150万円
〃 授業料
奨学制度A適用時
免除 50万円 免除 50万円 50万円 50万円 免除 200万円 190万円
〃 授業料
奨学制度B適用時
免除 40万円 免除 40万円 40万円 40万円 免除 160万円 230万円
鍼灸マッサージ
教員養成科
免除 68万円 68万円 68万円 68万円 272万円 41万円

卒業生奨学制度

本校の卒業生が本校の他学科に入学する場合に、入学金および授業料を減免する制度です。
なお、本制度は、夜間特修コース授業料奨学制度を除く他の奨学制度との併用はできません。

  • 姉妹校(呉竹鍼灸柔整専門学校・呉竹医療専門学校)の卒業生が本校の鍼灸マッサージ教員養成科に入学する場合は、入学金を免除します。また、その他の学科に入学する場合は、入学金の半額を免除します。

その他のサポート制度

本校在校生には、以下のサポート制度・特典があります。

基礎科目履修免除

本校の鍼灸マッサージ科、鍼灸科および柔道整復科が設定している基礎科目に相当する単位を、本校入学以前に次のいずれかの学校で取得した方は、既得単位に応じた履修免除を受けることができます。該当する方は、入学願書「その他の学歴」欄に該当する学校名等を必ず記入してください。

  1. 大学および短期大学(外国の大学およびその日本校を除く)
  2. 高等専門学校
  3. 厚生労働大臣または文部科学大臣の指定を受けた次の医療関係職種養成校
    あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・柔道整復師・看護師・歯科衛生士・診療放射線技師・臨床検査技師・衛生検査技師・理学療法士・作業療法士・視能訓練士・臨床工学技士・義肢装具士・救急救命士・言語聴覚士

勤労学生控除

本校在校生は、所得税法施行令第11条の3第2項各号に掲げる事項に該当し、大学等の学生と同様に勤労学生控除を受けることができます。

通学定期券および学生旅客運賃割引(学割)

学生証等の提示により、JR・私鉄・地下鉄・バス等の公共交通機関において通学定期券を利用できます。また、JRグループの鉄道や一部の高速バス路線において学生旅客運賃割引(学割)が適用されます。(一部の私鉄においても学生割引が適用される場合があります。)

指定学生寮・学生マンション紹介

ひとり暮らしを快適・安全にサポートする、本校指定の学生寮や学生マンションなどをご紹介しています。

無料職業紹介所

厚生労働大臣認可の無料職業紹介所を有し、就職、アルバイトの紹介を行っています。