鍼灸・あん摩マッサージ指圧・柔道整復を学ぶなら東京医療専門学校

鍼灸科

奥の深い「鍼灸」を基礎から徹底的に学び、
専門性に優れたスペシャリストを養成します。

四谷本部校舎3年制

Ⅰ部

9:30-12:40(月-土 週6日制)

夜間特修コース

18:00-21:10(月-土 週6日制)

目指す資格
  • はり師
  • きゅう師

鍼と灸による刺激で自然治癒力や免疫力を高める鍼灸治療は、今日では
美容やスポーツなど幅広い分野で注目されています。鍼灸科では鍼灸に
特化したカリキュラムで専門技能を磨き、真のスペシャリストを育成します。

3つの特色

特色 1

鍼灸に特化した
専門学科

鍼灸治療の基礎から応用までを徹底的に学び、高度な専門技能を修得。美容鍼灸、スポーツ鍼灸などの専門技能も身につけ、多様なニーズに応えるスペシャリストを目指します。

特色 2

医療の現場で行う
実践的な臨床教育

鍼灸専門の附属施術所での臨床実習と、一般治療院などで行う臨地実習を1年次から実施。実際の医療に参加し、段階的に経験を重ねることで即戦力となる治療家を輩出します。

特色 3

経験豊富な教員による
サポート体制

日々の学習や技能修得はもちろん、国家試験対策や就職活動においても、経験豊かな教員が丁寧に指導。学生の着実な育成と目標達成を全面的にバックアップします。

目指す資格

  • はり師

    国家試験合格率 90.7%

  • きゅう師

    国家試験合格率 94.9%

  • 2017年度

資格を取得するには

厚生労働大臣(または文部科学大臣)の指定を受けた養成学校において、3年間(または4年間)の課程を修了することで国家試験の受験資格が得られます。国家試験に合格すると、免許を取得できます。

学びの概要

鍼灸を徹底して学ぶカリキュラムで、鍼灸の基礎から応用的な治療法まで修得します。

1年次

基本となる知識と技術を修得し、鍼灸師としての基礎力を確立。

鍼灸師に必要な基礎知識・技術を東洋医学と現代医学の両面から学ぶとともに、コミュニケーション能力を養います。

2年次

自ら考え、実行する力を養い、医療人としての自覚を育む。

具体的な症状に対する治療法を「考え、実行する力」を養い、臨床現場の見学を通じて医療人としての自覚を育んでいきます。

3年次

現場教育による応用力の修得と、国家試験に向けた学習を強化。

臨床教育でチーム医療を学び、鍼灸治療を一人で行う能力や専門性の高い治療法も修得。国家試験への強化学習を行います。

カリキュラム

1年次 37単位 / 900時間
基礎分野 科学の基礎(環境学・健康科学)、言語とコミュニケーション(中国語・英語)など
専門基礎
分野
構造機能学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、保健医療福祉学 など
専門分野 東洋医学概論、経絡経穴概論、はりきゅう基礎実技Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ など
臨床実習 本校の附属施術
所で行う実習
見学実習
学外の協力施設
で行う実習
臨地見学実習(大学病院・介護施設・こども支援センター・スポーツ帯同 など)
2年次 35単位 / 888時間
基礎分野 人間と生活(生命倫理・こころの科学)など
専門基礎
分野
病理学、臨床医学(各論・総論)など
専門分野 東洋医学応用、はりきゅう実技 など
臨床実習 本校の附属施術
所で行う実習
臨床実習(医療面接から選穴まで)
学外の協力施設
で行う実習
臨地見学実習(大学病院・介護施設・こども支援センター・スポーツ帯同 など)
3年次 33単位 / 906時間
基礎分野
専門基礎
分野
構造機能学Ⅲ、臨床医学(リハビリテーション)など
専門分野 社会はき学 など
臨床実習 本校の附属施術
所で行う実習
臨床実習(施術まですべて)
学外の協力施設
で行う実習
臨地実習(一般治療院 など)

教育サポート

本校では在学中から卒業後までを一貫した教育体系で捉え、
就職後・開業後まで見据えた幅広い教育サポートに取り組んでいます。
また、国家試験を意識した教育カリキュラムと国家試験に特化した対策サポートで、
国家資格の取得を強力にバックアップします。

モチベーションUP
セミナー

学生の意識と専門知識の向上を目的に、さまざまな専門分野から講師を招いた講習会をセミナー形式で開催。日々の授業で身につけた基本的臨床能力を土台に、臨床現場で力になる知識と実技を習得することが可能です。

開講例

  • 癌になってわかったこと
  • 顔ヨガ
  • マッケンジー法(顎)
  • 鍼のできるまで
  • お灸作り体験
  • 美容鍼灸
  • アメリカと日本の鍼灸の違い
  • テーピング
  • トリガーポイント など

ゼミナール

学科カリキュラムとは別に、教員と学生によるゼミを行っています。指導教員の専門性や臨床経験を生かした専門講座なので、ゼミ生は選択分野について、理論と実践をより深い領域まで学んでいくことができます。

開講例

  • 中医学
  • 良導絡
  • 経絡治療・てい鍼術
  • 小児鍼
  • 癌患者ケア
  • 医療英語
  • 後療法
  • ストレングス&
    コンディショニング など

国家資格取得サポート

体系的な教育プログラム

徹底して基礎力を固める体系的な教育プログラムを確立。確かな基礎力は、基本知識・技能が問われる国家試験で大きな突破力となります。

信頼のオリジナル教材

「ダイジェストスタディ」をはじめとする呉竹学園オリジナル教材は、国家試験対策の参考書として、学外でも高い評価を得ています。

小テスト・定期テスト

小テストや定期テストを実施し、一人ひとりの理解度や習熟度を分析。弱点科目は追加資料を提供し、着実に学力を高めます。

模試・直前対策指導

3年次後半は模擬試験の結果に応じた補習で弱点を解消。国家試験前には直前対策指導を行い、合格ラインへの到達を目指します。

インタビュー

鍼灸科・鍼灸マッサージ科 科長補佐 小橋智子 先生

学生一人ひとりの夢を支えながら、鍼灸で社会貢献できる人材に育てます。

鍼灸科では、3年間で医療人としての自覚と人格を形成するとともに、身につけた鍼灸の知識と技術を治療に活かせる人材、鍼灸の技術で社会貢献ができる人材の育成を目指しています。学生の皆さんには鍼灸の正しい知識と技術を修得し、目指す分野で自らの道を切り拓いてほしい。その夢をかたちにする為、私たちは全力でサポートします。

鍼灸科・鍼灸マッサージ科 科長補佐小橋智子
鍼灸科I部 在校生 富永涼子さん

関わる人すべてを元気にしたい。そのための技術として、鍼灸を学んでいます。

整体院などで働きながら被災地ボランティアをしてきた私の目標は、関わる人すべてを元気にすること。その手段として、皮膚に刺さない「てい鍼」など、幅広い鍼灸の修得を目指しています。さらに学びを深めるため、学外の学会などにも参加しています。そんな機会が得られるのも、呉竹の魅力だと思います。

鍼灸科 在校生富永涼子さん
日本航空JAL ラグビー部 メディカルトレーナー 永吉浩太さん

トレーナーとしてのやりがいは、選手からの信頼、チームへの貢献です。

在学中に東洋医学や現代医学の基礎を学び、病気の知識まで得られたことが今に活きています。選手の筋肉や骨のトラブルの対処だけでなく、内臓疾患などへ原因を広げて考えられるようになり、さらに信頼を得られるようになったと感じます。ケガに悩まされた選手が自分の鍼灸治療などで試合に出て勝利する瞬間、チームに貢献できていると感じられることが一番のやりがいです。

鍼灸科 卒業生
日本航空JAL ラグビー部 メディカルトレーナー
永吉浩太さん
東中野はりきゅう整骨院スポーツラボ代表 野口径大さん

多くの経験と勉強を活かし、患者様の身体づくりのサポートをしています。

「鍼はいいですね」と言われても「そうですね」とはあまり言いません。よく料理に例えますが、鍼灸や柔道整復、手技などは、あくまでも具材の1つと考えています。1つの料理(身体)を完成させるのは、具材とその店の料理人のセンスが大事だと思っています。「治療も同じですよ」と伝え、自分のこれまでの学びや経験を活かし、トータルで身体作りができるようサポートしています。

鍼灸科・柔道整復科 卒業生
東中野はりきゅう整骨院スポーツラボ代表
野口径大さん
日本航空JAL ラグビー部 メディカルトレーナー 永吉浩太さん

25,000人の卒業生ネットワークに感謝しています。

一般企業での社会人経験を経て、東京医療専門学校の鍼灸科Ⅰ部に入学しました。 卒業後は都内ホテル内鍼灸院における美容鍼灸担当を経て、現在は日本橋の医院内鍼灸室にて不妊治療・逆子治療・美容鍼灸を行っています。 現在の鍼灸室に移った当初、不妊治療や逆子治療に対しとまどいがありました。 そんな折に参加した「卒業生の集い」で出会った先輩方から指導を受け、自信を持って施術に臨むことができるようになりました。 東京医療専門学校の卒業生ネットワークには感謝しています。 今後も支えていただいている皆さんへの感謝を大切に、目の前の患者さんに向かいたいと思います。

鍼灸科 卒業生
茅場町いとう医院勤務 鍼灸師
市川薫子さん